ログの出力!Pythonでloggingを使う方法【初心者向け】

初心者向けにPythonでloggingを使う方法について解説しています。エラーの出力やデータ情報の出力などログを出力する際に使います。エラーが起きた際には必ず使う必要が出てくるので、書き方を覚えておくとスムーズに開発が進むでしょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

今回は、Pythonでloggingを使う方法を解説します。

エラーが起きた際などログを出力することができます。

 

なお本記事は、TechAcademyのPythonオンライン講座の内容をもとにしています。

 

Pythonのloggingとは

Pythonのloggingは、loggingモジュールを意味します。

loggingモジュールは、エラー情報やステータス情報をログ出力することができます。

loggingモジュールを使用してログ出力するメリットとして、Pythonの標準モジュールであるため、予め用意された形式のものを非標準アプリケーションに対しても使用することができます。

print関数を使用することで、ログの用に現在の状況を表示させることもできますが、loggingモジュールはより簡単に、かつ非常に詳細な情報まで出力することが可能です。Pythonでprintを使う方法の記事も合わせてご覧ください。

 

Pythonでloggingを使う書き方

文法

import logging
logging.warning('表示文字列')

 

解説

1行目のimport loggingでは、importを使用してloggingモジュールを呼び出します。Pythonでimportを使う方法の記事も合わせてご覧ください。

2行目のlogging.warning(‘表示文字列’)では、loggingモジュールのwarning関数を使用して、注意喚起の表示文字列を表示することになります。

 

loggingモジュールの関数例

関数名 用法
debug( ) 問題がないか診断する場合
info( ) 思い通りに動作する場合
warning( ) 想定外の事が発生しそうな場合
error( ) 重大なエラーにより、一部の機能を実行できない場合
critical( ) プログラム自体が実行を続けられないことを表す、致命的な不具合の場合

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

Pythonでloggingを使って書いてみよう

今回は、Pythonのコマンドラインを使用してloggingモジュールを使用してみます。

コマンドライン環境の構築はAnacondaでおこなています。

 

loggingモジュールを使用するソースコード

import logging
logging.warning('想定外の動作が発生する可能性があります。')

 

表示結果

WARNING:root:想定外の動作が発生する可能性があります。

 

解説

1行目のimport loggingでは、loggingモジュールをimportしています。

2行目のlogging.warning(‘想定外の動作が発生する可能性があります。’)では、loggingモジュールのwarning関数を使用して、想定外の動作が発生する可能性があります。という文字列とともに、想定外の動作の発生可能性を出力しています。

表示結果としては、WARNING:root:想定外の動作が発生する可能性があります。が表示されます。

 

今回は、Pythonでloggingを使う方法を解説しました。

入門向けPythonの学習サイトも記事にしているので、学習したい方は参考にしてみてください。

 

また、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではPythonを使って機械学習の基礎を学ぶPythonオンライン講座を開催しています。

初心者向けの書籍を使って人工知能(AI)や機械学習について学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

独学に限界を感じている方はぜひご覧ください。