手順を分かりやすく解説!Node.jsのインストール方法

初心者向けにNode.jsのインストール方法を解説しています。Windows10を利用していますが、MacOSでも基本的には同じ手順でインストールすることができます。Node.jsを使う上でまず最初に行う作業なので、参考にしてみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

今回は、Node.jsのインストール方法について解説します。

Windows10でのインストール手順を解説していますが、MacOSでも基本的な流れは同じなので、インストールする際にぜひ参考にしてみてください。

 

なお本記事は、TechAcademyのNode.jsオンライン講座の内容をもとに作成しています。
 

田島悠介

今回は、Node.jsのインストール方法について解説しよう。

大石ゆかり

田島メンター!最初は何を用意すればいいんですか~?

田島悠介

インストール前に特別に用意するものはないかな。インストールを行う場所を決めておくのと、コマンドプロンプト(Macの場合はターミナル)の起動の仕方を確認しておこう。

大石ゆかり

分かりました!

 

Windows10にインストールする方法

まずは、ダウンロードを行います。

画像の8.9.3をクリックしてダウンロードします。

先頭の数字が偶数のバージョンを一般的には使用します。

ダウンロードはこちらからどうぞ。

 

インストールプログラムを起動

今回は、ダウンロードしたnode-v8.9.3-64.msiをダブルクリックしてインストールプログラムを起動します。

Node.jsプログラムがコンピューター内の容量を調べるので、次の画面が出るまで暫く待つ必要があります。

NextがクリックできるようになったらNextをクリックします。

 

[PR] Node.jsで挫折しない学習方法を動画で公開中

利用規約に同意します

I accept the term in the License AgreementのチェックボックスにチェックしてNextをクリックします。

 

インストールフォルダを選択します

標準で設定されている内容でかまわないので、インストールフォルダを選択された状態の表示画面でNextをクリックします。

 

カスタムインストール画面です

カスタムインストールというのは、インストールする内容を独自で決めることができます。

青く表示されている部分がNode.jsの本体プログラムです。

その下のnpmと書いてある部分はNode.jsのパッケージ管理システムです。

その下のOnline documentation shortcutsは、公式マニュアルへのショートカットです。

最後の行のAdd to PATHは環境変数に関する設定です。

一般的には、標準の状態でインストールする方が良いのでこのままNextをクリックします。

 

管理者としてインストールします

ここまで来たら、管理者としてインストールするInstallボタンをクリックします。

利用環境によっては管理者のパスワードを求められることがありますので、予め管理者のパスワードを知っておくか、管理者の方に近くにいてもらうとスムーズです。

 

インストール中画面です

次のようにインストール中の画面が表示されます。

使用しているコンピューターのスペックによってはしばらく時間がかかります。その場合は、他の作業を行わず、キーボードやマウスの操作も行わず待って頂いたほうが良いでしょう。

使用しているコンピューターのスペックが低い場合で、他の作業を行ってしまうと、インストールが失敗するだけでなく、コンピューターが一時停止してしまうこともあります。

 

インストール完了画面

無事にインストールが完了した場合表示される画面です。

Finishをクリックすることで、インストールが終了します。

 

田島悠介

インストールの場所はあとあと大事になるのでしっかり把握しておこう。

大石ゆかり

セットアップウィザード最初の「Next」が押せないんですが……

田島悠介

そういう場合はその画面の状態で待ってみよう。少し経つと選択できるようになるよ。

 

コマンドプロンプト(ターミナル)を起動します

Windowsメニューの隣りにある○をクリックすると入力フォームが現れます。

そこに、「c」と入力すると次のようにコマンドプロンプトという選択肢が表示されます。

このコマンドプロンプトをクリックすることでコマンドプロンプトを起動できます。

Macの方は、「ターミナル」というアプリケーションを起動しましょう。

これがコマンドプロンプトの画面です。

 

Node.jsのバージョンを確認します

コマンドプロンプトに以下のように入力してエンターキーを押すことでNode.jsのバージョンが表示されます。

node --version

今回はv8.9.3と表示されました。

これで、Node.jsがWindows10で動作していることが確認できました。

 

nodeの実行方法

コマンドプロンプトで実行

コマンド

node
>

解説

1行目のnodeように、コマンドプロンプトでnodeと実行することでnodeのコマンドに移行します。

2行目の>とだけ表示されている状態がnodeのコマンド画面です。

 

今回は、Node.jsのインストール方法について解説しました。

Macでも同様にインストールし、ターミナルを起動することでNode.jsがきちんと動作しているか確認することができます。Node.jsを使う上でまず最初に行う作業なので、手順をしっかり理解しておきましょう。

Node.jsの学習サイトもまとめているので、合わせて参考にしてみてください。

 

田島悠介

バージョンを確認するコマンドなどは、今後も頻繁に使うことになるので覚えておこう。

大石ゆかり

インストールプログラムを実行して、コマンドプロンプトでバージョン確認や実行を行うんですね。

田島悠介

そうだね。また、nodeコマンドで開始したときはCtrl+cを2回実行すると終了することができるよ。

大石ゆかり

覚えておきます。ありがとうございました!

 

また、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyでは、Node.jsオンライン講座を開催しています。

Node.jsを使ってWebアプリケーションを開発することができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

独学に限界を感じている方はぜひご覧ください。