バージョンの確認!npm versionの使い方【初心者向け】

初心者向けにnpm versionの使い方について解説しています。npmのバージョン情報を確認したい時、npmで管理しているパッケージのバージョンを確認したい時に便利です。書き方をいくつかまとめているので、覚えておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

今回は、npm versionについて解説します。

npm自体のバージョンやnpmで管理しているパッケージのバージョンを確認したい場合に参考にしてみてください。

Node.jsとは何か説明した記事もあるので、初心者の方はぜひチェックしてみてください。

 

なお本記事は、TechAcademyのNode.jsオンライン講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回はnpmで、バージョンを確認する方法を勉強しよう。

大石ゆかり

田島メンター!バージョン確認はどういうコマンドを使うんですか〜?

田島悠介

これにはnpm versionというコマンドを使うんだ。まずはヘルプを見てみようか。

大石ゆかり

はい!

npm versionとは

バージョン情報を取得

npm versionとはnpmコマンドの1つで、npmで管理されているパッケージのバージョン情報を取得することができます。

実務でもチーム開発を行う際に全員の開発環境のバージョンを揃えるためにversionを使用します。

npmとはについての記事も参考にしてみて下さい。

 

Gitとの連携

また、package.jsonのバージョンを上げてGitのコミットとタグを追加する事も可能です。

Gitとは、プログラムソースなどの変更履歴を管理する分散型のバージョン管理システムです。

Github等のクラウドサービスを使用して簡単に利用することができます。

 

npm versionの使い方

npmのversionにはいくつかの使い方があります。

npm versionのヘルプを見る

コマンド

npm --help version

表示結果

解説

npm –help versionというコマンドを実行するとversionの使い方に関するヘルプが表示されます。

ヘルプの結果は次の3つの使い方を示しています。

npm -v
npm view version
npm ls

ヘルプ自体を見ても英語であることもありわかりづらいので、今回はこの内容も含め使い方を解説していきます。

 

田島悠介

ヘルプを見ると、いくつかの書き方とその役割についての説明が記述されているよ。

大石ゆかり

‘npm -v’の場合、’npm view version’の場合、’npm ls’の場合のことが書いてありますね。

田島悠介

そうだね。この3つの使い方について説明するよ。

[PR] Node.jsで挫折しない学習方法を動画で公開中

npm versionを実際に使ってみよう

npm自体のバージョン表示

コマンド

npm -v
npm --version

表示結果

5.5.1

解説

1行目のnpm -vでは、-vというオプションコマンドを指定することでnpmの現在のバージョンを表示しています。

2行目のnpm –versionでは、–versionというオプションコマンドを指定することで-vと同様にバージョン表示をしています。

 

npmで管理しているパッケージのバージョン表示

コマンド

npm view パッケージ名 version

解説

パッケージ名の部分に情報を表示したいパッケージ名を入れることでバージョン情報を表示することができます。

 

npm requireのversion情報を表示する

コマンド

npm view require version

表示結果

解説

今回は、requireのバージョン情報を表示しました。

表示結果は2.4.20でした。

npm requireについて詳しくまとめている記事も合わせてご覧ください。

 

インストールされているパッケージのバージョンを表示する

コマンド

npm ls

表示結果

解説

今回はrequireのみをインストールしていたため、カレントディレクトリ(現在操作しているディレクトリやフォルダ)で使用しているパッケージ情報が表示されます。

requireのみをインストールしているにもかかわらず複数のパッケージ情報が表示されました。

これは、requireを動作されるために必要なほかのパッケージの情報です。

この必要なパッケージの事を依存しているパッケージと言います。

requireをインストールする際、これらの依存関係に有るパッケージも一緒にインストールされた結果がこの表示結果にあらわれています。

 

今回は、npm versionについて解説しました。

npm自体のバージョンの確認、npmパッケージのバージョンを確認する際に参考にしてみてください。

Node.jsの学習サイトもまとめているので、合わせて参考にしてみてください。

 

田島悠介

それぞれの具体的な使い方と実行結果だね。

大石ゆかり

npmそのもののバージョン、インストールされている特定のパッケージのバージョン、あとパッケージのバージョンの一覧ですね。

田島悠介

これらのコマンドはどれも、何回も使うことになると思うよ。しっかり頭に入れておこう。

大石ゆかり

了解です。ありがとうございました!

また、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyでは、Node.jsオンライン講座を開催しています。

Node.jsを使ってWebアプリケーションを開発することができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。