独自トークンの発行ができる!カウンターパーティーとは

ビットコインのブロックチェーン上に構成されたプラットフォームの1つであるカウンターパーティーとは何か詳しく解説しています。XCPという仮想通貨を使ってカウンターパーティーを利用することで独自トークンを発行、売買することができます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

今回は、カウンターパーティーについて説明します。

ビットコインのシステムを活用してトークンを発行、売買することができます。趣味程度でカウンターパーティーを利用する人も多く、初心者でも使いやすいでしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのブロックチェーンオンライン講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回はカウンターパーティーについて解説するよ。

大石ゆかり

田島メンター!カウンターパーティーというのは何ですか〜?

田島悠介

ビットコインのブロックチェーン上にあるオープンソースのプラットフォームで、独自の通貨を発行したりできるものなんだ。詳しい使い方について見ていこう。

大石ゆかり

お願いします!

カウンターパーティーとは

カウンターパーティーとは、カウンターパーティープラットフォームのことです。

カウンターパーティープラットフォームでは、既存のビットコインの余白部分に情報を追記することで、機能追加することが可能です。

オープンソースで公開されているため、透明性が高く、入念にテストされているため安全性も高いです。

カウンターパーティではXCPというトークンを利用します。

カウンターパーティの公式サイトはこちらです。

 

XCPについて

XCPはカウンターパーティで発行されているトークンです。

XCPを利用することでビットコインでは技術的に提供できない機能を、カウンターパーティを使用して実装することが出来ます。

ビットコインで実装していない代表的な機能にスマートコントラクトがあります。

スマートコントラクトについて詳しくまとめた記事も合わせてご覧ください。

 

田島悠介

まずXCPについての説明だよ。

大石ゆかり

カウンターパーティーを利用するときに使うのがXCPなんですね。

田島悠介

続いて、カウンターパーティーの機能と構造について解説しよう。

[PR]ブロックチェーンで挫折しない学習方法を動画で公開中

カウンターパーティの機能

アセット取引所 (“DEX”)

DEXとは、分散型取引所とも呼ばれ、管理者不在で運用される取引所です。

中央集権型取引所と相対した性質を持ち、自分で情報の管理を行う為ハッキングリスクの低さが大きなメリットです。

 

ライトニングネットワーク

ビットコインはノードの承認が必要なことから、未だ採用決定していないライトニングネットワークを実装予定です。

ライトニングネットワークについて詳しくまとめた記事も合わせてご覧ください。

 

投票機能

現実世界の投票に関する問題である、公平性、署名認証、採決高速化を解決することができる機能です。

また、投票機能の強化版、XCP出資分投票を現在開発中のです。

 

マルチシグアドレス

ビットコインへの秘密鍵を複数に増やすことで、セキュリティへの安全性を劇的に高めることが可能です。

 

カスタムトークン

カスタムトークンとは独自通貨の発行機能です。

カウンターパーティで最も人気のある機能がカスタムトークンと言っても良いでしょう。

 

カスタムトークンの広がり

カスタムトークンを使用することで独自通貨の発行が可能です。

非常に簡単に独自通貨を作成できます。

「カウンターパーティ 作った」で検索した結果はこちらを参考にしてみてください。

カスタムトークン(独自通貨)はXCPを購入することで作成可能です。

カスタムトークンを作成する段階での初期費用は日本円で2000円強(2018年初頭)あれば可能です。

また、カスタムトークン名はドメインのように早い者勝ちです。

簡単に購入できて、カスタムトークン名は早い者勝ちという理由もあり、XCPをトークンとするカウンターパーティは非常に人気があります。

 

XCPの売買

日本国内ではZaifでXCPの売買を行うことが出来ます。

Zaifは近畿財務局における仮想通貨交換業者としての登録を行っています。(登録番号00002号)

Zaif

 

今回は、カウンターパーティー について説明します。

 

田島悠介

カウンターパーティーの各種機能と、カスタムトークンについて説明したよ。

大石ゆかり

かなりお手軽に独自トークンが作成できるようになっているんですね。

田島悠介

最後にZaifへのリンクも貼っておいたので見てみよう。また、実際に作られたカスタムトークンなどを調べてみるのもいいね。

大石ゆかり

そうですね、また見学しておきます。ありがとうございました!

 

また、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyでは、ブロックチェーンオンライン講座を開催しています。

ブロックチェーン技術の仕組みを理解し、実際に分散型アプリケーションを開発することができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

この記事を監修してくれた方

中本賢吾(なかもとけんご)
アジマッチ有限会社 代表取締役社長

開発実績:PHPフレームワークを利用した会員制SNS・ネットショップ構築、AWSや専用サーバー下でLinuxを使用したセキュアな環境構築、人工知能を利用したシステム開発、店舗検索スマホアプリ開発など。

その他にも地域の職業プログラマー育成活動を行い、2018年には小学生がUnityで開発したオリジナルAndroidアプリをGooglePlayでリリース。ゲームで遊ぶより作ろうぜ!を合言葉に、小学生でも起業できる技術力を育成可能で有ることを証明し続けている。