Photoshopのカスタムブラシの作り方【超初心者向け】

Photoshop(フォトショップ)で「カスタムブラシ」を作る方法を解説した記事です。初心者向けなので、画像を13枚使って丁寧に紹介しています。ブラシの作り方だけでなく、ブラシの並び替えの方法も一緒に解説します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が1,000以上あります。

Photoshopでは、描画に使うブラシを自由に作成、編集することが可能です。

そこで今回は初心者向けに「カスタムブラシの作り方」を紹介します。

 

手順も設定方法もシンプルで、簡単にすぐ作ることができます。ぜひ自作してみてください。

なお本記事は、TechAcademyのオンラインPhotoshop講座のカリキュラムをもとに執筆しています。

(※今回の作業はすべてAdobe PhotoShop CCのバージョンで行っています)

 

目次

本記事は下記の流れでご紹介します。

 
 

カスタムブラシを作る

まず、カスタムブラシとして使用したい画像を用意します。

ペンツールやパスを利用して自由に描いたものでOKです。また、画像のある一部分だけをブラシとして利用することもできます。

pscb_1

 

ブラシに利用する範囲を選択して、「編集」→「ブラシを定義」を選択します。
(あらかじめブラシに使う部分だけトリミングしている場合は「全て選択」でかまいません)

pscb_3

 

選択されていた部分が新しいブラシとして左に表示されています。

ブラシの名前を設定し、「OK」をクリックします。これで作成したブラシが保存されます。

pscb_4

 

左のツールボックスから「ブラシツール」を選択します。

pscb_4_2

 

ここでスクロールバーで一番下まで移動します。

すると、選択できるブラシの一番最後に先ほど作成したブラシが追加されています。

pscb_5

 

作成したブラシを選択して描画してみましょう。

pscb_6

 

ブラシの細かい設定を変更する場合は、「ブラシパネル」の切り替えアイコンをクリックします。

pscb_6_2

 

ブラシの設定画面が表示されます。

pscb_7

ここから、ブラシの大きさ・筆圧など、細かい設定が可能です。

 

 

[PR] 現役デザイナーにチャットで質問しながら1週間でPhotoshopを使ったフォトレタッチをマスター

ブラシの並び替え

このままでも十分に使えますが、このままだと作成したブラシを選択するのに毎回スクロールバーで移動しないといけないため、若干不便です。

そこでブラシの並び替えをしてみましょう。

 

下の画像の四角の枠内をクリックします。

pscb_9

 

「プリセットマネージャー」を選択します。

pscb_10

 

プリセットマネージャーのウィンドウが開きます。

ここでブラシの順番を好きなように並び替えることができます。試しにドラッグ&ドロップで作成したブラシを一番左上に持っていきます。

pscb_11

 

移動が完了したら、「完了」をクリックします。

pscb_12

 

先ほどの操作が反映されて、新しいブラシが一番上に移動しています。

よく使うものを上の方に置いておけば、すぐに選択することができて便利です。

pscb_13

 

 

このようにカスタムブラシはすぐに利用できるので、ぜひ自分でも使ってみてください!
なお、Photoshopのカスタムシェイプを作成する方法も公開しているので、合わせてチェックしてみましょう。

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも1週間でフォトレタッチをマスターできるオンラインPhotoshop講座を開催しています。現役デザイナーに毎日チャットで質問することができます。