JavaScriptでボタンを設置させる方法【初心者向け】

プログラミング初心者向けに、JavaScriptで「ボタンを設置する方法」を解説した記事です。コードを変えるだけで簡単にボタンを設置することができるので、ぜひ試してみてください。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。 ※ アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社 調査期間:2021年8月12日~8月16日  調査対象:2020年8月以降にプログラミングスクールを受講した18~80歳の男女1,000名  調査手法:インターネット調査

監修してくれたメンター

Mak Tak

イラストレーター兼Webエンジニア。
4年間Web制作会社にてフロントエンドを担当したのち、現在はフリーランスとして活動。居場所に縛られない働きかたを謳歌しています。

JavaScriptでボタンを設置させる方法について、テックアカデミーのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを使用して初心者向けに解説します。

クリックできるボタンは、一般的なサイトでもよく見ると思いますので、覚えておきましょう。

目次

1時間でできる無料体験!

そもそもJavaScriptについてよく分からないという方は、JavaScriptとは何なのかについて解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

大石ゆかり

ボタンってマウスでクリックするとへこんだりする要素のことですよね?

田島悠介

そうそう。でも、ボタン特有のものがあるよね。

大石ゆかり

ボタンを押したら、プログラミングの何かの処理が動作するような感じですか?

田島悠介

その通り!ボタンってけっこう重要なんだよね。ボタンを表示させる方法を見てみよう!

 

HTMLでボタンを表示させる方法

はじめに、HTMLだけでボタンを表示させる方法について解説します。

まずはテキストで通常通りに書いていきます。

<img src=”images/ducks.jpg” alt=”あひる”>
<p>あひる5個セット</p>
<p>800円</p>
<p>購入する</p>

元データ

 

こここから「購入する」ボタンを作成していきます。

 

ボタンにするには、

<input type=”submit” value=”購入する”>

と入れるだけです。

ここで「購入する」の文字を変えれば、その文字を使ったボタンになります。

 

適用するとこうなります。

<img src=”images/ducks.jpg” alt=”あひる”>
<p>あひる5個セット</p>
<p>800円</p>
<input type=”submit” value=”購入する” >

ボタン設置

簡単にできましたね。

設置したボタンをクリックすると、ポップアップウィンドウが表示される表現を加えることもできるのであわせて試しても良いでしょう。

 

大石ゆかり

input要素のtypeをsubmitにすればいいんですね。valueの値がボタンに表示される文字列になるんですよね?

田島悠介

そうそう。その他にも、buttonタグを使う方法があるんだ。buttonタグのtypeをsubmitにすればOK。後は、buttonタグを閉じて、間にボタンに表示させたい文字列を書くんだ。

大石ゆかり

フォームのボタンを作るのにも種類があるんですねー。

田島悠介

そうだね。ここからbuttonタグの使い方を詳しく見ていこう。

<button>タグの使い方

HTMLの<button>タグは、HTMLタグのひとつです。

フォームの「送信」や「リセット」などの処理を行うボタンを作成するために使います。

<button>タグを使用すると、自動的にボタンの見た目に装飾されたり、検索エンジンに「これはボタンです」と伝えることができます。

<button>タグの3つのtype属性

<button>タグには以下の3種類のtype属性が用意されています。

  • 1.type=”submit”
  • 2.type=”reset”
  • 3.type=”button”

※初期値はtype=”submit”です。

これら3つの役割と利用例を解説します。

submit:送信ボタン

<button type="submit">送信</button>

type=”submit”と指定すると、送信ボタンとして機能します。

例えば、HTMLの<form>タグを使い「フォームに入力した内容(名前、メールアドレス等)を送信する」時に使用されます。

<form>タグの使い方は、HTMLでformを使って送信フォームを作成する方法の記事で詳しく解説しているので、こちらも併せてチェックしてみてください。

reset:リセットボタン

<button type="reset">入力を取り消す</button>

type=”reset”と指定すると、リセットボタンとして機能します。

例えば、フォームに入力した内容を一括で取り消したい場合などに使用されます。

button:押しボタン(初期値では特に何も起こらない)

<button type="button">クリック</button>

type=”button”と指定すると、デフォルトでは特にクリックしても何も起こりません。

初期設定ではただの「無反応のボタン」ですが、JavaScriptと組み合わせることで汎用性のあるボタンを作ることができます。
例えば、「ユーザーがボタンをクリックすると、ポップアップ表示を行う」などのギミックを仕掛けられます。

「フォームの送信・リセット」以外の目的の場合は、type=”button”を活用しましょう。

[PR] フロントエンドで副業する学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

では、実際にコードを書いていきましょう。

HTMLの<buttun>タグとJavaScriptを組み合わせたボタンを作成します。
今回は「5文字以上のテキストが入力されると、送信ボタンが活性化する」といったボタンを作成してみます。

disabled属性:クリックしても機能しないボタン

事前準備として、送信ボタンにdisabled属性を付与します。

<button type=”submit” id=”button” disabled>送信</button>

disabled属性を<button>タグに指定すると、ボタンを無効化することができます。
以下はコード例です。

ご自分のPCでも実際に試してみましょう。

HTML

<form id="form" action="#">
    <input type="text" id="input-text" placeholder="5文字以上入力してください">
    <button type="submit" id="button" disabled>送信</button>
</form>

JavaScript

<script>
    const inputText = document.getElementById('input-text');
    const button = document.getElementById('button');
    inputText.addEventListener('keyup', (e) => {
      if (5 <= e.target.value.length) {
        //入力された文字が5文字以上なら実行される
        button.disabled = false;
      }
    })
</script>

5文字以上入力すると送信ボタンが活性化する

inputフィールドに5文字以上の文字が入力されると、disabled属性がオフになり、送信ができるようになるJavaScriptです。
このようにJavaScriptと組み合わせることで、ユーザーの動作を感知した複雑なフォームを作ることも可能です。

コードの詳しい解説はJavaScriptでフォーム要素にdisabledを設定・解除する方法の記事を参考にしてみてください。

コラム

実は私も!?独学で損する人の特徴

「スクールは高いから独学で成功する」という気持ちの方は多いと思います。
もちろんその方が金額は低く抑えられるでしょう。
ただ 独学には向き不向きがあり、実はスクールが向いている人も大勢います。

そんな方のために参考として、 テックアカデミー卒業生がスクールを選んだ理由 をご紹介します。

  • ・困って挫折しそうなときに、質問や相談できる相手がいる環境で学んでいきたいなと思った
  • ・わかった気になっているだけだったので、自分を追い込む環境に置いた方がいいと感じた
  • ・スクールのカリキュラムで市場に求められるスキルを学ぶべきと思った

少しでも当てはまる部分があれば、 スクールが向いているかもしれません。
お試しのつもりで、まずは一度 無料体験 に参加してみませんか?

初心者でも最短1時間で学習が体験できるカリキュラム、現役エンジニアに何でも相談できるカウンセリング、無制限のチャット質問サービスすべて無料で体験 できます。
無理な勧誘は一切ない ので、お気軽にご参加ください。

今なら体験者限定の割引特典付き! 無料体験はこちら

まとめ

今回はJavaScriptを使って、HTMLでボタンを表示させる方法を学びました。

  • ボタン作成は、HTMLの<button>タグを使う
  • 送信ボタンはtype=”submit”を指定する
  • type=”button”とJavaScriptを併用することで、複雑な機能を持つボタンが作成できる

 

JavaScriptを学習中の方へ

これで解説は終了です、お疲れさまでした。

  • つまずかず「効率的に」学びたい
  • 副業や転職後の「現場で使える」知識やスキルを身につけたい

プログラミングを学習していて、このように思ったことはありませんか?

テックアカデミーのフロントエンドコースでは、第一線で活躍する「プロのエンジニア」が教えているので、効率的に実践的なスキルを完全オンラインでしっかり習得できます。

合格率10%の選考を通過した、選ばれたエンジニアの手厚いサポートを受けながら、JavaScript・jQueryを使ったWebサービス開発を学べます。

まずは一度、無料体験で学習の悩みや今後のキャリアについて話してみて、「現役エンジニアから教わること」を実感してみてください。

時間がない方、深く知ってから体験してみたい方は、今スグ見られる説明動画から先に視聴することをおすすめします!

独学に限界を感じたら…テックアカデミーに相談しよう

プログラミングを独学していて、このように感じた経験はないでしょうか?

  • ・調べてもほしい情報が見つからない
  • ・独学のスキルが実際の業務で通用するのか不安
  • ・目標への学習プランがわからず、迷子になりそう

テックアカデミーでは、このような 独学に不安を抱えている方へ、現役エンジニア講師とマンツーマンで相談できる機会を無料で提供 しています。
30分間、オンラインでどんなことでも質問し放題です。

「受けてよかった」と感じていただけるよう 厳しい試験を通過した講師 があなたの相談に真摯に向き合います。

「ただ気になることを相談したい」
「漠然としているがプロの話を聞いてみたい」

こんな気持ちでも大丈夫です。

無理な勧誘は一切ありません ので、まずはお気軽にご参加ください。
※体験用のカリキュラムも無料で配布いたします。(1週間限定)

今なら参加者限定の割引特典付き! 無料で予約する