【Webサイト作成に役立つ!】中古ドメインと新規ドメインを比較してみた[PR]

Webサイトを作る上で新規ドメインと中古ドメインの違いについて比較しています。ドメインを取って作ることが多いですが、過去に誰かが使っていたドメインを再利用することも可能なのです。中古ドメインと新規ドメインで何が違うのか、どんなメリットがあるのか詳しく紹介しています。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

自身や企業でWebサイトを作成しようと思ったらまず最初にドメインとサーバーを用意する必要があります。

基本は新しくドメインを取って作ることが多いですが、過去に誰かが使っていたドメインを再利用することも可能なのです。それを中古ドメインと呼びますが、新規ドメインと何が違うのか、どんなメリットがあるのか詳しく紹介しています。

やったことは無いけれど「これからWebサイトを作ってみたい」という方はぜひ知っておきたい内容でしょう。

 

大石ゆかり

田島メンター!ドメインを取得したいのですが、何から調べたらいいでしょうか〜?

田島悠介

まず最初に、ドメインには新規ドメインと中古ドメインの2つがあるということを知っておこう。

大石ゆかり

中古というと、過去に誰かが使ってたということですか?

田島悠介

そうだね。ここでは新規ドメインと中古ドメイン、それぞれのメリットとデメリットについて解説するよ。

 

目次

 

新規ドメインとは

通常Webサイトが閲覧できるのは、人が住んでいる家と同様に指定された住所に訪問するからです。つまり、インターネット上での住所を取得する必要があり、住所のことを独自ドメインと呼びます。

そして、独自ドメインは、ドメイン指定事業者と契約をして取得することができます。

ドメインを取得する代表的なサービスとしては、「お名前.com」や「ムームードメイン」などがあります。

 

新規ドメインかどうか確認する方法

取得したいドメインが本当に新規のものなのかドメイン年齢というツールを使ってチェックすることができます。

例えば「yahoo.co.jp」と入力してドメイン年齢を調べるをクリックすると、ドメインの取得日が表示されます。

取得日が表示されれば過去に運用されていた、もしくは現在も運用しているドメインとなります。

新規ドメインであれば、取得日が表示されないので、事前に確認しておきましょう。

 

新規ドメインのメリット・デメリット

メリット

新しく事業やプロジェクトを立ち上げる場合、ゼロからブランドを確立することができます。「yahoo.co.jp」のようにサービス名と会社名、そしてドメイン名が同じであれば長期的にブランド認知を獲得することができるでしょう。

 

デメリット

新しくドメインを取得した場合、検索エンジンにとっても認知度が無い状態からスタートするので、検索結果の上位に表示されるまである程度の時間がかかります。

検索順位が上位にいるサイトは、「更新頻度が多い」「サイトのページ数が多い」「コンテンツ自体の品質が高い」「多くのリンクを獲得している」といったSEO対策がしっかりしています。

当然これらを満たすためには長い月日が必要で、新規ドメインで始める場合ゼロからのスタートとなるので、検索エンジンにインデックスされるまでに時間を要するでしょう。

 

田島悠介

新規ドメインについての概要だね。

大石ゆかり

検索で見つけやすくなるまでには、少し時間がかかるということですね。

田島悠介

ただし履歴がないということは、その分安心して利用できるということでもあるんだ。次は中古ドメインについて見てみよう。

 

そもそも中古ドメインという言葉自体を初めて聞く人もいると思います。中古ドメインを利用するメリットは何なのか、中古ドメインはどこで取得できるのかなど、これからWebサイトを作ろうと考えている人に役立つはずです。

 

中古ドメインとは

中古ドメインとは、過去にあるサイトで使われていたドメインを指します。運営者がサイトを閉鎖してドメインを手放したり、期限切れでフリーになったドメインです。

過去に運営されていたサイトのドメインパワーをそのまま引き継ぐので、クローラーや検索エンジンに見つけてもらいやすいのが特徴です。

とはいえ、中古ドメインがSEO的に良いとは限らず、以下で紹介する3つのポイントを注目しておきましょう。

 

1. 被リンクの質

新規ドメインと中古ドメインの大きな違いとして、「被リンク」が挙げられます。

被リンクとは、外部のWebサイト上に自分のサイトのリンクが設置されることです。検索エンジンは、良いコンテンツであれば多くのサイトで紹介、引用されているという発想で、検索順位を決める上で被リンクの数や質が指標になっているのです。

被リンクの質をチェックする上で、良質なWebサイトから自然な形でリンクが貼られているかが重要です。同じサイト・ページから100個も200個もリンクが貼られていたら検索エンジンは不自然に思うはずです。

下記の被リンクは、悪質なリンクとして認識されているので、作為的なリンクでないかチェックしておきましょう。

サイトに影響を与える悪いリンクの例

  • 金銭を払って獲得したリンク
  • リンクのみが貼られているページからのリンク
  • キーワードが大量に含まれたアンカーテキストが日本語として不自然なリンク

 

2. Googleペナルティの有無

悪質サイトだと評価されるとGoogleから手動ペナルティを受ける場合があります。

この場合は、別のドメインを利用すべきでしょう。

 

3. 過去のサイト運用履歴

中古ドメインは、ドメインパワーを引き継ぐことを主な目的としているため獲得したリンク元のサイトに注目することが重要です。

一般的に好ましくないジャンル(アダルト・ギャンブル)のサイト履歴があった場合、好ましくない被リンクを受けている可能性が高いです。

 

中古ドメインのメリット・デメリット

メリット

中古ドメインを利用するメリットは主に3点あります。

  • 過去のサイトの評価を引き継げる
  • 検索エンジンに早くインデックスされる
  • 新規ドメインより検索結果への反映が速い

また、被リンクが付いていることが大きなメリットです。中には教育機関や政府機関などから被リンクを貰っている評価の高い中古ドメインもあります。

新規ドメインでは、サイトを公開してすぐに被リンクを貰うことは難しいですが、評価の高い中古ドメインほど良いサイトから被リンクが貼られている状態でスタートすることができます。

より早く検索結果に反映したい人にとっては大きな特徴と言えるでしょう。

その他にも、誰かが取得していて新規で購入できないドメインを手にいれることも可能です。

 

デメリット

過去に使われていたサイトの評価を引き継ぐ形になるので、アダルトサイトや悪質なサイトなどそもそも検索エンジンから評価されていないドメインを利用すると、どれだけ良いコンテンツを作っても検索上位に表示されるのは難しいでしょう。

URL自体がブラックリストに登録されている場合もあるので、むやみに中古ドメインを利用するのは危険です。

また、ドメイン自体を取得するのに数万円の初期費用が必要になります。

 

中古ドメインを利用するには

中古ドメインを利用するならアクセス中古ドメインをチェックしておきましょう。単純に「運用期間が長い」「被リンクが多い」という情報だけで判断せず、総合的に判断する必要があります。

アクセス中古ドメインでは、以下の項目などを比較することができます。

  • 被リンク数
  • 被リンク詳細情報
  • 参照元ドメイン数
  • 参照元IP数
  • ドメインの年齢
  • SNSのシェア数
  • ドメインの有効期限

リンクを受けているページがどのページなのか確認することもできますし、リンク元のサイトも見ることができます。

他にも外部ツールを使って手動ペナルティやブラックリスト、過去のWebサイトの運用履歴なども確認できます。

 

また、被リンク数、参照元ドメイン数、参照元IP数、参照元クラスC分散、バックリンクスコアの5項目を独自の指標を用いて点数(パワーランク)をつけています。

アクセス中古ドメインの中古ドメイン販売リスト

パワーランクは4つに分かれていて、ブロンズ・シルバー・ゴールド・プラチナという順にランク付けされています。メインサイトを作るのであればゴールド・プラチナのランクが向いているでしょう。

このパワーランクや被リンク数を指定して検索することもできるので、目的に合ったドメインが探せるはずです。

 

大石ゆかり

ちなみにドメインを購入した後はどこに更新料を支払うんですか〜?

田島悠介

ドメインが登録されているレジストラに支払う必要があるんだけど、アクセス中古ドメインで購入したらPure Domainっていうレジストラに納品されるよ!納品したら他のレジストラに移管することもできるからね!

大石ゆかり

じゃあ新規ドメインと同じで更新料を払えば利用できるってことですね♪

田島悠介

そうだね!このサービスだとドメインの購入も更新も一緒にできるのが特徴だね!

 

新規ドメイン・中古ドメインそれぞれ詳しく紹介しました。

より早くクローラーに認識、検索エンジンにインデックスされることを望んでいるのであれば中古ドメインを使うことも選択肢に入れると良いでしょう。全く新しいWebサイトでもドメインは過去に使われていたものを使用することも考えてみてください!

アクセス中古ドメインを見てみる