コントラクト開発に役立つ!browser-solidityを使う方法【初心者向け】

初心者向けにbrowser-solidityを使う方法について詳しく解説しています。Ethereumの技術を使ってスマートコントラクト開発を行う上で役立ちます。Solidityという言語を書く際によく使われるIDEで、インストール手順も説明しています。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

今回は、browser-solidityを使う方法について解説していきます。

Ethereumの技術を使って開発する際にSolidityという言語を使いますが、Solidityを書く上で役立つのがbrowser-solidityと呼ばれる開発環境です。スマートコントラクトの開発が効率的にできるので、知っておきましょう。

インストール手順も紹介しています。

 

なお本記事は、TechAcademyのブロックチェーンオンライン講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回はbrowser-solidityを使ってみるよ。

大石ゆかり

田島メンター!browser-solidityというのは何ですか〜?

田島悠介

SolidityのIDEでRemixとも呼ばれるんだ。早速使い方を見てみよう。

大石ゆかり

はい!お願いします!

browserとは

browserとは、browser-solidityのことを意味しRemixという名称でも呼ばれ、ブラウザ上で動作する、SolidityのIDE(統合開発環境)です。

Solidityとは、Ethereumでコントラクトコードを実装する際に利用するプログラミング言語の名称です。また、IDE(統合開発環境)とは、プログラミングを行い、システム開発を行う上で便利な機能を保有するソフトウェアです。

コントラクトコードとは、Ethereum等のブロックチェーン上で、スマートコントラクトを実行するために必要なコードです。

ブロックチェーンとは、仮想通貨等の取引データを分散して管理する仕組みのことです。ブロックチェーン単体では、仮想通貨の取引や、取引履歴の確認を行うことができます。

スマートコントラクトを利用することで、契約するという機能も追加することができます。

契約機能が追加できるということは、ブロックチェーン上で、仮想通貨の所有や取引が確認できるように、不動産取引も行うことが出来るということです。

つまり、不動産の所有者や取引を行い、かつ不動産取引に付随する契約に関してもスマートコントラクトを利用したブロックチェーン上で瞬時に行うことが出来るようになります。

スマートコントラクトの機能を実装するには、Solidityというコントラクト指向言語を使用します。

そして、開発する際に、browser-solidityというIDE(統合開発環境)を利用することで、開発が楽になるということです。

 

browser-solidityの準備

browser-solidityを利用するには2種類の方法があります。

クラウドIDEを使用する

https://ethereum.github.io/browser-solidity/

上記のURLにアクセスすることでbrowser-solidityを使用することができます。

クラウドIDEの注意点

インターネット上にあるサービスを利用するため、お手元のパソコンで利用するより反応速度が遅かったり、ネットワークの状況によってはデータが保存されない可能性に注意して下さい。

 

田島悠介

まずはクラウドIDEを利用する方法だね。

大石ゆかり

こっちはアクセスするだけですぐ使えるんですね。

田島悠介

次に、ローカルで環境構築する方法にも触れておこう。

[PR]ブロックチェーンで挫折しない学習方法を動画で公開中

 browser-solidityのインストール

browser-solidityを手持ちのパソコンで動作させるには、Node.js環境が必要です。

手順を分かりやすく解説!Node.jsのインストール方法の記事も参考にしてNode.jsをインストールしてみてください。

また、browser-solidityのインストール用ソースコードを取得するためには、Git環境が必要です。

はじめてでもOK!Gitをインストールする方法【初心者向け】の記事も参考にして、Gitをインストールしてみてください。

 

インストールコマンド

git clone https://github.com/ethereum/remix-ide.git
cd remix-ide
npm install

 

解説

コマンドプロンプトでインストールコマンドを実行することで、インストールが完了します。

1行目のgitはGitを使用するためのコマンドです。

cloneは、Gitからインストールファイルをコピーしてくるコマンドです。

https://github.com/ethereum/remix-ide.gitは、コピーするファイルを指定しています。

2行目のcd remix-ideは、1行目のファイルコピー時に生成されたremix-ideというフォルダにcdコマンドで移動するという意味です。

3行目のnpm installでは、npmコマンドを利用してinstallを指定することで、browser-solidityをインストールしています。

 

以上、browser-solidityを使う方法について解説しました。

Solidityという言語を書く上でよく使われているので、ぜひ覚えておきましょう。

 

田島悠介

インストールして利用する場合の手順だよ。

大石ゆかり

ローカルで動作させるときは、Node.jsも必要ということですね。

田島悠介

browser-solidityはスマートコントラクトの開発に便利なので、ぜひ使い方を覚えておこう。

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

また、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyでは、ブロックチェーンオンライン講座を開催しています。

ブロックチェーン技術の仕組みを理解し、実際に分散型アプリケーションを開発することができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

この記事を監修してくれた方

中本賢吾(なかもとけんご)
アジマッチ有限会社 代表取締役社長

開発実績:PHPフレームワークを利用した会員制SNS・ネットショップ構築、AWSや専用サーバー下でLinuxを使用したセキュアな環境構築、人工知能を利用したシステム開発、店舗検索スマホアプリ開発など。

その他にも地域の職業プログラマー育成活動を行い、2018年には小学生がUnityで開発したオリジナルAndroidアプリをGooglePlayでリリース。ゲームで遊ぶより作ろうぜ!を合言葉に、小学生でも起業できる技術力を育成可能で有ることを証明し続けている。