プログラマーがチームで働く上で大事なことは何?【メンターが回答】

プログラマーがチームで働くこと、チームで働くうえで大事なことを知りたいです。そんなプログラミング初心者から寄せられた質問に、TechAcademyの現役エンジニアのメンターが回答しました。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

※TechAcademyに実際に寄せられた質問に現役エンジニアのメンターが回答しました

 

大石ゆかり

田島メンター!実際にプログラマーはどのような流れで仕事をしているんですか?私はいつも1人でプログミングしているので、実際の現場で役に立つか、あるいはどこが役に立たないのかを知りたいです!

田島悠介

至ってごく自然な会話を日々行っているよ。ただ、参加するチームごとに進め方は違うよ。なんせ「人間」が運用しているからね。

大石ゆかり

プログラマーとしてチームで働く上で大事なことはなんですか?

田島悠介

それじゃあ僕が大事にしていることを教えるね。

 

プログラマーがチームで働く上で大事なこととは

※TechAcademyのメンターの回答です

 

チームの目的を達成するための役割を各メンバーが担い、ゴールに向かって協業する ため、

  1. 最大5,6名でチームを作り
  2. お互いの得意・不得意を補い合って
  3. 必要な作業(ticket)を自主的に担当・実行

しています。

あえて言うなら、「これといった決まった役割はない」です。

 

ただし、お互い「仲間意識」が強いと本当に仕事が早く進みます。

 

「あいつのために遅れられない」「彼もしっかり頑張ってくれてる」など、リスペクトは最重要項目かと思います。

 

あと、必要な仕事が何で、どのようなスキルが必要かを暗黙で理解し合えるリテラシーも重要です。

暗黙とはいえ、 一度は必ず「ぼくたちの共通項探し」=コミュニケーション=対話、を徹底的に行っています。チーム開発は、対話が最も大切である、と強調したいです。

 

 

TechAcademyでは現役エンジニアの現場の話も聞きながら学習できます。

まずは無料体験でメンターに相談してみましょう。