Javaプログラムにおけるboolean型の使い方【初心者向け】

初心者向けにJavaのboolean型の使い方について解説しています。true/falseを表す型でプログラミングを理解する上では欠かせない知識です。実際にサンプルプログラムを書きながら処理の流れを理解していきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

この記事では、Javaのboolean型の使い方を解説しています。

実際にサンプルプログラムを書いて説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

なお本記事は、TechAcademyのJava講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回はboolean型について解説しよう。

大石ゆかり

田島メンター!boolean型はどういうときに使うんですか〜?

田島悠介

boolean型は「真」と「偽」の値を扱うものなんだ。さっそく見ていこうか。

大石ゆかり

はい!

boolean型とは

boolean型とは真(true)、偽(false)を表す型です。

以下のような目的で用います。

  • 数値や文字列の比較結果を表す
  • if文で分岐の方向を表す
  • for文やwhile文でループを続行するか決定する

 

boolean型の使い方

真を宣言する場合

boolean b = true;

偽を宣言する場合

boolean b = false;

 

田島悠介

boolean型の主な用途と宣言の書き方だね。

大石ゆかり

bの部分に変数名を入れたらいいんですね。

田島悠介

次は実際に、boolean型を利用した処理を書いてみよう。

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

数値の比較

ソースコード

System.out.println("1 == 1 " + (1 == 1));
System.out.println("1 == 2 " + (1 == 2));

実行結果

1 == 1 true
1 == 2 false

解説

“1 == 1″の比較結果は真(true)です。
“1 == 2″の比較結果は偽(false)です。

 

if文での利用

ソースコード

int a = 0;
int b = 1;
if(a == b) {
  System.out.println("trueの場合に実行");
}
else {
  System.out.println("falseの場合に実行");
}

実行結果

falseの場合に実行

解説

“a == b”の比較結果がfalseのため、else文を実行します。

 

while文での利用

ソースコード

int i = 0;
while(i < 10) {
  System.out.print(i + " ");
  i += 1;
}

実行結果

0 1 2 3 4 5 6 7 8 9

解説

ループ1回目は変数iの値が0です。”0 < 10″の比較のため、trueとなり、ループ内部を実行します。

ループ2回目は変数iの値が1です。”1 < 10″の比較のため、trueとなり、ループ内部を実行します。

ループ11回目は変数iの値が10です。”1 < 10″の比較のため、falseとなり、ループを終了します。

 

以上、boolean型の使い方を説明しました。

入門向けJavaの学習サイトもまとめているので、合わせてご覧ください。

 

田島悠介

boolean型を使って数値を比較したり、if文、while文を作成した例を見てみたよ。

大石ゆかり

while文では、条件が真である限り処理を続行するようにしたんですね。

田島悠介

真偽値によってさまざまな条件文を作ることが可能になるので、必ず覚えておこう。

大石ゆかり

そうですね、どんどん活用してみたいです。ありがとうございました!

また、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyでは、Java講座を開催しています。

JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

この記事を監修してくれた方

橋本紘希(はしもとこうき)
システムインテグレータ企業勤務のシステムエンジニア

開発実績: Javaプログラムを用いた業務用Webアプリケーションや、基幹システム用バッチアプリケーションなどの設計構築試験。