【現役エンジニアが書籍レビュー】プログラミング言語 Ruby

「プログラミング言語 Ruby」の書籍を現役エンジニアがレビューしています。書籍の全体的な概要を説明し、どんな人におすすめの書籍なのか、評価はどれくらいなのかまとめているので、これから購入しようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

この記事では、「プログラミング言語 Ruby」の書籍を現役エンジニアがレビューしています。

書籍の全体的な概要を説明し、どんな人におすすめの書籍なのか、評価はどれくらいなのかまとめているので、これから購入しようと考えている方はぜひ参考にしてみてください。

 

田島悠介

ここでは「プログラミング言語 Ruby」という書籍を紹介しよう。

大石ゆかり

今回はRubyの本ですね!どういった内容なんでしょうか?

田島悠介

これはRubyの開発者による解説本なんだ。詳しく見ていこう。

大石ゆかり

お願いします!

書籍名

プログラミング言語 Ruby

 

今回のレビュワー

レビューしてくれる現役エンジニア

髙山 翔吾 (たかやま しょうご)
非ITベンチャー企業のマイクロ開発チームの一員。

趣味はAlexaでスマートホームを目指すこと。

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

書籍の概要

書籍を購入した目的

Rubyをより理解するため。

 

学べる技術、スキル

Ruby

 

本の内容

Rubyの裏側の動きを知りたい、マニアックなコーディングがしたい、メタプログラミングがしたい人向け。

 

書籍のレビュー

総合評価

★★★★☆ 4.0点

 

どんな人にオススメか

Rubyの機能をすべて知りたいと思った人向け。確実に上級者向けで、初心者には勧められないです。また、Ruby1.8, 9系なので既に古いことにも注意。

 

書籍の良かった点

ネットにすらない情報が乗っていることもあるほど、既存機能について詳細にかかれています。スレッドはもちろん、リフレクション、メタプロが章として存在している点が良かったです。

書籍の悪かった点

Rubyの機能について熟知していないと、恐らく頭に入ってこないと思います。

 

全体的な感想

普通に仕事していても、ここまでコアにRubyを触ることはまず無いかもな、と思えるような内容もありますが、知っていたら便利な機能、出来ることもたくさんあります。

Rubyにすべてを掛ける気持ちなら一読に値すると思います。

 

以上、プログラミング言語 Rubyの書籍レビューを行いました。

どんなスキルが身につくのか、どんな勉強ができるのか理解した上で購入すると良いでしょう。

 

田島悠介

オブジェクト指向や基本の書き方というような手引きだけでなく、Rubyそのものに対する理解を深めるのに役立つ内容になっているよ。

大石ゆかり

開発者の方が書いているので、情報の正確さについても安心ですね。

田島悠介

入門書というよりはプログラミングを習得していて、Rubyという言語を根本的なところからしっかり知りたい人が対象になりそうだね。

大石ゆかり

ある程度の経験者向けということですね。ありがとうございます!

他にもパーフェクトRubyの書籍レビュー記事も合わせてご覧ください。

また、TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

独学に限界を感じている場合はご検討ください。