国内でPythonを使ったWebサービスが少ない理由とは【メンターが回答】

「国内でPythonを使ったWebサービスが少ない理由は何なのでしょうか?」という質問にTechAcademyのメンターが回答しています。日本国内ではどういったプログラミング言語を今まで使われてきたのかぜひ理解しておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

※TechAcademyに実際に寄せられた質問に現役エンジニアのメンターが回答しました。

 

田島悠介

質問に対して現役のエンジニアが回答していくシリーズだね!

大石ゆかり

今回はどういう質問でしょうか?

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!実際に回答してもらった内容を紹介するね!

大石ゆかり

お願いします!

質問

国内では、Ruby(Rails)/Java等で作られたWebサービスが多いように感じます。特に、スタートアップでは、Ruby on Railsを採用している企業が多いんじゃないかと思っています。

国内でPythonを使ったWebサービスが少ない理由は何かあるのでしょうか?

 

メンターからの回答

これまでの経緯や流行、技術者数といったところが主な要因ではないでしょうか。

日本では、Webサービスの開発言語としては長らくJava、もう少し軽量なところでPHPが主流でした。その後、Ruby on Railsが結構採用され、Node.jsが流行ったりして現在に至っています。

Pythonは、日本では主にデータサイエンスのツールとしての認識が強い印象です。またWebスクレイピングでも使われていますね。

Webサービスとしては、Djangoという軽量な良いフレームワークもあるので知っておくと良いかもしれません。

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

回答してくれたメンター

太田和樹

ITベンチャー企業のPM兼エンジニア。

守備範囲はフロントエンド、モバイル、サーバサイド、データサイエンティストと幅広い。
地方在住。仕事のほとんどをリモートオフィスで行う。

 

大石ゆかり

回答分かりやすかったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会もオンラインで実施しているので、ぜひ参加してみてください。

また、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではPythonを使って機械学習の基礎を学ぶPythonオンライン講座を開催しています。

初心者向けの書籍を使って人工知能(AI)や機械学習について学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

独学に限界を感じている方はぜひご覧ください。