WordPress固定ページのPHPファイルをダウンロードする方法【メンターが回答】

「WordPressの固定ページのPHPファイルをサーバーからダウンロードする方法とは?」という質問にTechAcademyの現役エンジニアが解決方法を回答しています。page.phpの場所、ダウンロード方法についてぜひ理解しておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

※TechAcademyに実際に寄せられた質問に現役エンジニアのメンターが回答しました。

 

田島悠介

質問に対して現役のエンジニアが回答していくシリーズだね!

大石ゆかり

今回はどういう質問でしょうか?

田島悠介

WordPressの固定ページのPHPファイルをサーバーからダウンロードする方法だね!実際に回答してもらった内容を紹介するね!

大石ゆかり

お願いします!

質問

WordPressの固定ページのPHPファイルをサーバーからダウンロードしたいと考えています。

WordPressの管理画面から固定ページを作成しましたが、サーバーのどこに格納されているのかが分かりません。

格納場所、ダウンロード方法を教えてもらえないでしょうか?

 

メンターからの回答

WordPressにおいて固定ページのテンプレートは、「page.php」というテンプレートを使用します。

ただ、これは、page.phpという固定ページ用のテンプレートを作成していた場合であり、特に固定ページ用のテンプレートを作成していない場合は、index.phpが固定ページを含む最も優先度の低いテンプレートファイルになります。

つまり、index.phpで固定ページ用の記載をしている場合でも、page.phpを作成している場合は、index.phpは読み込まれず、page.phpが固定ページ用のテンプレートとして適用されることになります。

優先度の高さとしては次のような優先度の高さになります。

$custom.php >> page-$slug.php >> page-$id.php >> page.php >> index.php

$custom.phpはカスタム投稿という機能を利用する際のテンプレートです。$custom部分には、カスタム投稿で設定した値が入ります。

page-$slug.phpは、標準テンプレートです。$slug部分にはpageのスラッグ値が入ります。

page-$id.phpは、標準テンプレートです。$id部分にはpageのid値が入ります。

 

関連情報

WordPressテンプレート階層
テンプレート階層画像

 

以上、WordPressの固定ページのPHPファイルをサーバーからダウンロードする方法について解説しました。

TechAcademyでは、現役PHPエンジニアのメンターが質問にすぐ回答します。

他にもPHPとHTMLをまとめてコメントアウトする方法をメンターが回答しているので、合わせてご覧ください。

 

[PR] PHPのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

回答してくれたメンター

中本賢吾(なかもとけんご)

アジマッチ有限会社代表取締役社長

開発実績:PHPフレームワークを利用した会員制SNS・ネットショップ構築、AWSや専用サーバー下でLinuxを使用したセキュアな環境構築、人工知能を利用したシステム開発、店舗検索スマホアプリ開発など。

その他にも地域の職業プログラマー育成活動を行い、2018年には小学生がUnityで開発したオリジナルAndroidアプリをGooglePlayでリリース。ゲームで遊ぶより作ろうぜ!を合言葉に、小学生でも起業できる技術力を育成可能で有ることを証明し続けている。

 

田島悠介

WordPressの固定ページのPHPファイルをサーバーからダウンロードする方法について解説したよ。

大石ゆかり

固定ページはダウンロード出来るんですか?

田島悠介

固定ページはデータとしてDBに格納されているのでファイルはデザインテンプレートだけなんだよ。

大石ゆかり

わかりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、オンラインブートキャンプPHP/Laravelコースを提供しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

独学に限界を感じている場合はご検討ください。