JavaでStringクラス・splitメソッドを使う方法【初心者向け】

初心者向けにJavaでStringクラス、splitメソッドを使う方法について解説しています。これによって文字列を分割することが可能です。実際にソースコードを書きながら説明しているので、使い方を覚えていきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

この記事では、Javaの文字列を分割するsplitメソッドの使い方を解説します。

実際にプログラムを書いて説明しているので、ぜひ理解しておきましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのJava講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Stringクラス、splitメソッドの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

Stringクラス、splitメソッドとは

Stringクラス、splitメソッドは、ある文字列を指定した区切り文字列で分割するメソッドです。

スペースやカンマで区切られた文字列を分割したり、複数行の文字列を1行ずつに分割したりするのに用います。

 

splitメソッドの書き方

以下のように、引数に区切り文字列を指定します。戻り値は文字列の配列です。

String original = "a,b,c";
String [] splitted = s.split(",");

区切り文字列が含まれていない場合、戻り値は長さ1の配列で、配列の最初の要素が元の文字列です。

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

ソースコード

public class SplitDemo {

  public static void main(String[] args) {
    String original = "alpha bravo charlie";
    for(String splitted: original.split(" ")){
      System.out.println(splitted);
    }
    
    System.out.println("---");
    
    original = "delta123echo456foxtrot";
    for(String splitted: original.split("\\d+")){
      System.out.println(splitted);
    }
  }
}

 

実行結果

alpha
bravo
charlie
---
delta
echo
foxtrot

 

解説

一つ目の例では文字列として”alpha bravo charlie”を与えます。

スペース1個” “を区切り文字列とし、alpha, bravo, charlieという3つの文字列に分割できました。

二つ目の例では文字列として”delta123echo456foxtrot”を与えます。正規表現”\\d+”を区切り文字列とします。これは「1個以上の数字」を意味します。

delta, echo, foxtrotという3つの文字列に分割できました。

 

入門向けJavaの学習サイトもまとめているので、合わせてご覧ください。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

また、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyでは、Java講座を開催しています。

JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。