Javaでiterator(イテレータ)を使う方法【初心者向け】

初心者向けにJavaでIteratorを使う方法について解説しています。ループ処理において便利なインターフェースですので、覚えておくと現場で役立ちます。実際にソースコードを書いて説明しているので、ぜひ理解しておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

この記事では、Javaでiterator(イテレータ)を使う方法について解説しています。

実際にプログラムを書いて説明しているので、ぜひ理解しておきましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのJava講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

iteratorの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

イテレータとは

イテレータは、集合の要素に順番にアクセスする時に使用するインターフェースです。

集合にはリスト、セット、マップなど複数の種別がありますが、イテレータはそれらにアクセスするための、共通の仕組みを提供します。

イテレータを用いることで、個別の実装を意識せずに、要素へのアクセスを自然に記述できます。

 

イテレータの書き方

既存のクラスからイテレータを得る

Iterableインターフェースを実装するクラスのiteratorメソッドを呼び出すと、イテレータを得られます。
(例)ArrayList, HashSet, LinkedList, TreeSet

ArrayList list = new ArrayList();
Iterator iterator = list.iterator();

 

自作のクラスでイテレータを実装する

Iteratorインターフェースを実装クラスでは以下2つのメソッドを実装しなければなりません。

  • hasNextメソッド: 次の要素があればtrue、なければfalseを返します。
  • nextメソッド: 次の要素を返します。
class MyClass implements Iterator{
  public boolean hasNext() {
    // 略
  }
  public Object next() {
    // 略
  }
}

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

ArrayList、HashSetを用いて、イテレータの動作を確認してみます。

どちらのクラスもiteratorメソッドを呼び出すとイテレータを得られます。

ソースコード

import java.util.ArrayList;
import java.util.HashSet;
import java.util.Iterator;
import java.util.List;
import java.util.Set;

public class IteratorDemo {

  public static void main(String[] args) {
    // リストを作成する
    List list = new ArrayList();
    list.add("alpha");
    list.add("bravo");
    list.add("charlie");

    // イテレータを取得し、メソッドを呼び出す
    printIterable(list.iterator());

    System.out.println("-----");

    // セットを作成する
    Set set = new HashSet();
    set.add("delta");
    set.add("echo");
    set.add("foxtrot");

    // イテレータを取得し、メソッドを呼び出す
    printIterable(set.iterator());
  }

  private static void printIterable(Iterator iterator) {
    while (iterator.hasNext()) {
      String s = iterator.next();
      System.out.println(s);
    }
  }
}

 

実行結果

alpha
bravo
charlie
-----
foxtrot
delta
echo

 

解説

まず、ArrayListを作成し、要素を代入します。

iteratorメソッドを呼び出しイテレータを得ます。

printIterableメソッドの中で、イテレータを使って、要素に順番にアクセスします。

同様にHashSetを作成し、要素を代入します。HashSetもiteratorメソッドでイテレータを得られるので、printIterableメソッドを適用できます。

入門向けJavaの学習サイトもまとめているので、合わせてご覧ください。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

また、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyでは、Java講座を開催しています。

JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。