DBからデータ取得!Rubyでwhereを使う方法【初心者向け】

初心者向けにRubyでwhereを使う方法について解説しています。データベースからデータを取得する際に、条件を指定して取得することができます。データ取得をうまく扱うために是非理解しておきましょう。

テックアカデミーマガジンは受講者数No.1のプログラミングスクール「テックアカデミー」が運営。初心者向けにプロが解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。 ※ アンケートモニター提供元:GMOリサーチ株式会社 調査期間:2021年8月12日~8月16日  調査対象:2020年8月以降にプログラミングスクールを受講した18~80歳の男女1,000名  調査手法:インターネット調査

Rubyでwhereを使う方法について解説します。

 
そもそもRubyについてよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプRuby講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

whereの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

whereとは

whereとは、ActiveRecordのメソッドの一つで、データベースからデータ取得のために使用されます。

ActiveRecordには、他にもfindやfind_byなどのメソッドがありますが、whereは、細かく条件を指定して取得したいなどの場合に利用します。

使用するためには、ActiveRecordのGEMが必要です。

 

whereの書き方

whereは以下のように記述ができます。

引数として文字列、配列、ハッシュの検索条件を与えます。

booksテーブルをデータベースに作成
mysql> select * from books;
+----+------------------------+-------+---------------------+
| id | book_title | price | created_at |
+----+------------------------+-------+---------------------+
| 1 | Ruby on Rails Tutorial | 2874 | 2018-07-20 09:43:20 |
+----+------------------------+-------+---------------------+


# ハッシュを使用した条件
Books.where(id: 1)

# 配列を使用した条件
Books.where("id = ?",1)

Books.where("book_title like ? AND price = ?", "%Ruby%", 2874)

# プレースホルダを使用した条件
Books.where("book_title like :book_title AND price = :price", {book_title: "%Ruby%", price: 2874} )

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

引数を与えられたプログラムが、ActiveRecordのwhereを使用して、データを取得するプログラミングを作成していきます。

テーブルとして、以下のStudentテーブルを作成しました。

| name | age |
| :– | :– |
| Taro Kirameki | 22 |
| Ichiro Yamada | 21 |
| Yuji Tanaka | 18 |
| Kenta Tanaka | 42 |
| Yusuke Sato | 30 |

ソースコード

require "active_record"

# ActiveRecordのデータベース接続設定
ActiveRecord::Base.establish_connection(
  adapter: "mysql2",
  host: "localhost",
  username: "xxxxxxx",
  password: "xxxxxxx",
  database: "xxxxxxx",
)

# テーブルにアクセスするためのテーブル定義
class Student < ActiveRecord::Base
  self.table_name = self.name.downcase # studentテーブルにアクセス
end

# whereを実行し、一覧を取得
# ARGV[0],ARGV[1]は、コマンドライン引数が渡る
students = Student.where("name like ? AND age > ?", ARGV[0], ARGV[1])

students.each do |student|
p "名前: #{student.name} , 年齢: #{student.age}"
end

# 実行時にコマンドライン引数として、名前、年齢を渡す
# ruby sample.rb %Tanaka% 17
# 実行結果:
# "名前: Yuji Tanaka , 年齢: 18"
# "名前: Kenta Tanaka , 年齢: 42"

 

監修してくれたメンター

中廣 誠

職種: WEBエンジニア過去の開発実績・業務内容:
一部上場企業にて、WEBアプリケーションの受託開発、自社WEBサービス開発、自社ゲーム開発に従事
現在はフリーで活動し、ECサイト開発/運営、課題を解決するためのシステムコンサルタントなどを実施

趣味など
フリーでの活動を期に沖縄へ移住したので、海でのスキンダイビング、釣りなどを趣味にしています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でもRuby on Railsを使ったプログラミングを習得できるオンラインブートキャンプRuby講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。

独学に限界を感じたら…テックアカデミーに相談しよう

プログラミングを独学していて、このように感じた経験はないでしょうか?

  • ・調べてもほしい情報が見つからない
  • ・独学のスキルが実際の業務で通用するのか不安
  • ・目標への学習プランがわからず、迷子になりそう

テックアカデミーでは、このような 独学に不安を抱えている方へ、現役エンジニア講師とマンツーマンで相談できる機会を無料で提供 しています。
30分間、オンラインでどんなことでも質問し放題です。

「受けてよかった」と感じていただけるよう 厳しい試験を通過した講師 があなたの相談に真摯に向き合います。

「ただ気になることを相談したい」
「漠然としているがプロの話を聞いてみたい」

こんな気持ちでも大丈夫です。

無理な勧誘は一切ありません ので、まずはお気軽にご参加ください。
※体験用のカリキュラムも無料で配布いたします。(1週間限定)

今なら参加者限定の割引特典付き! 無料で予約する