DBからデータ取得!Rubyでwhereを使う方法【初心者向け】

初心者向けにRubyでwhereを使う方法について解説しています。データベースからデータを取得する際に、条件を指定して取得することができます。データ取得をうまく扱うために是非理解しておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Rubyでwhereを使う方法について解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

whereの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

whereとは

whereとは、ActiveRecordのメソッドの一つで、データベースからデータ取得のために使用されます。

ActiveRecordには、他にもfindやfind_byなどのメソッドがありますが、whereは、細かく条件を指定して取得したいなどの場合に利用します。

使用するためには、ActiveRecordのGEMが必要です。

 

whereの書き方

whereは以下のように記述ができます。

引数として文字列、配列、ハッシュの検索条件を与えます。

booksテーブルをデータベースに作成
mysql> select * from books;
+----+------------------------+-------+---------------------+
| id | book_title | price | created_at |
+----+------------------------+-------+---------------------+
| 1 | Ruby on Rails Tutorial | 2874 | 2018-07-20 09:43:20 |
+----+------------------------+-------+---------------------+


# ハッシュを使用した条件
Books.where(id: 1)

# 配列を使用した条件
Books.where("id = ?",1)

Books.where("book_title like ? AND price = ?", "%Ruby%", 2874)

# プレースホルダを使用した条件
Books.where("book_title like :book_title AND price = :price", {book_title: "%Ruby%", price: 2874} )

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

引数を与えられたプログラムが、ActiveRecordのwhereを使用して、データを取得するプログラミングを作成していきます。

テーブルとして、以下のStudentテーブルを作成しました。

| name | age |
| :– | :– |
| Taro Kirameki | 22 |
| Ichiro Yamada | 21 |
| Yuji Tanaka | 18 |
| Kenta Tanaka | 42 |
| Yusuke Sato | 30 |

ソースコード

require "active_record"

# ActiveRecordのデータベース接続設定
ActiveRecord::Base.establish_connection(
  adapter: "mysql2",
  host: "localhost",
  username: "xxxxxxx",
  password: "xxxxxxx",
  database: "xxxxxxx",
)

# テーブルにアクセスするためのテーブル定義
class Student < ActiveRecord::Base
  self.table_name = self.name.downcase # studentテーブルにアクセス
end

# whereを実行し、一覧を取得
# ARGV[0],ARGV[1]は、コマンドライン引数が渡る
students = Student.where("name like ? AND age > ?", ARGV[0], ARGV[1])

students.each do |student|
p "名前: #{student.name} , 年齢: #{student.age}"
end

# 実行時にコマンドライン引数として、名前、年齢を渡す
# ruby sample.rb %Tanaka% 17
# 実行結果:
# "名前: Yuji Tanaka , 年齢: 18"
# "名前: Kenta Tanaka , 年齢: 42"

 

監修してくれたメンター

中廣 誠

職種: WEBエンジニア過去の開発実績・業務内容:
一部上場企業にて、WEBアプリケーションの受託開発、自社WEBサービス開発、自社ゲーム開発に従事
現在はフリーで活動し、ECサイト開発/運営、課題を解決するためのシステムコンサルタントなどを実施

趣味など
フリーでの活動を期に沖縄へ移住したので、海でのスキンダイビング、釣りなどを趣味にしています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。