実際に作成してみる!Laravelでmigrationを使う方法【初心者向け】

初心者向けにLaravelでmigrationを使う方法について解説しています。マイグレーションファイルを作成するコマンドを説明し、実際にテーブルを作成しています。書き方を参考にしてみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Laravelでmigrationを使う方法について解説します。

マイグレーションファイルを作成する書き方について理解しておきましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのPHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Laravelに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Laravelでmigrationを使う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

migrationとは

マイグレーションはデータベースへの変更処理を、マイグレーションファイルは変更処理のコードが書かれたファイルを表します。

コードで変更処理が書けることでアプリケーションのソースコードと一緒に管理できるようになり、新旧バージョンで適切なデータベース構造と状態で動作が可能になることです。

テーブル作成、削除、カラム追加、削除、各種リネームなど DDL (Data Definition Language) としてのコマンドが使用可能です。

 

migrationファイルの作成方法

マイグレーションファイル作成コマンドは「artisan make:migration do_something」です。

このdo_somethingの部分には例えばcreate_users_tableだったりadd_nickname_to_usersなど、自分が行いたい変更内容を後で読んでも思い出せるように書くといいと思います。実行すると新しいファイルを作成してくれて、必要なクラスを継承したup,downメソッドを持ったクラスを記述しておいてくれます。

作成コマンドにはオプションがあり、それぞれ up, downの内容がより詳細に生成されます。これに必要なことを追記していくだけになります。

テーブル作成処理、デフォルトで必要になるカラム追加処理を記述しておいてくれる。

artisan make:migration create_posts_table —create=posts: posts

テーブルを操作できるように、Schema::table メソッドを呼び出すときの雛形を作ってくれる。

artisan make:migration add_mail_to_posts —table=posts: posts

 

[PR] PHPのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

migrationファイルの構成

マイグレーションファイルは、Illuminate\Database\Migrations\Migrationを継承したクラスで構成され up、downメソッドを実装することが基本です。

upはマイグレーション適応時の処理、down はマイグレーション取り消し時の処理を記述します。このことでデータベースの新旧バージョンを行ったり来たりすることができます。

実際、未適応のすべてのマイグレーションの適応は「artisan migrate」、最後に行ったマイグレーション結果の取り消しは「artisan migrate:rollback」で行うことができます。

マイグレーションの適応状況はアプリケーションのデータベースのmigrationテーブルに記録され、一度に実行したマイグレーションは同一のbatchカラム値で管理されます。

実際の記述にあたっては、Schema ファサードを通じてDDLを生成するコードを作成します。主なものとしては、

  • Schema::create: テーブルの作成とカラムの定義
  • Schema::dropIfExists: テーブルの削除
  • Schema::table: カラムの定義

を使用します。

 

実際にテーブルを作成してみましょう

投稿(posts)という、サロゲートキー(id)、文字列のタイトル(title)、テキストの本文(body)、タイムスタンプ類(created_at,updated_at)、を持ったテーブルを作成します。

artisan make:migration create_posts_table —create=posts

作成されたファイルdatabase/migrations/Y_m_d_his_create_posts_table.phpを開き、upのなかのScema::createの第二引数のクロージャー部分を編集します。(Y_m_d_his はプレフィックス)

<?php

use Illuminate\Support\Facades\Schema;
use Illuminate\Database\Schema\Blueprint;
use Illuminate\Database\Migrations\Migration;

class CreatePostsTable extends Migration
{
    /**
     * Run the migrations.
     *
     * @return void
     */
    public function up()
    {
        Schema::create('posts', function (Blueprint $table) {
            $table->increments('id');
            $table->string('title'); // 追記
            $table->text('body'); // 追記
            $table->timestamps();
        });
    }

    /**
     * Reverse the migrations.
     *
     * @return void
     */
    public function down()
    {
        Schema::dropIfExists('posts');
    }
}

以上でテーブル作成のマイグレーションが完成しました。あとはartisan migrateを実行すればテーブルがデータベースに作成されることがわかります。

カラムの制約やインデックス追加などだいたいのやりたい構文が用意されているので、迷ったら公式ドキュメント読んで確認すると良いでしょう。

この記事を監修してくれた方

鵜澤峻平(うさわしゅんぺい)

普現在はフリーランスのエンジニアをしていてプログラミング歴は5年目になります。普段はRails、Laravel、Node.js等を使ってWeb、モバイルアプリケーションを作成しています。開発実績としては、いくつかのWebサービス、コンシューマー向けモバイルアプリケーション、NPO サイトリニューアル、ロボット用プログラムなどがあります。

TechAcademyでメンターをはじめたのは、「プログラミングでやりたいことがある人を応援したい」、「講師と受講者が話し合って学び方を決めていく」に惹かれたからです。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではオンラインブートキャンプPHP/Laravelコースを提供しています。

PHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。