Rubyでattr_accessorを使う方法【初心者向け】

初心者向けにRubyでattr_accessorを使う方法について解説しています。アクセサメソッドの定義とその簡潔な書き方について実際のサンプルコードを書きながら説明しているので、見ながら学習しましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Rubyでattr_accessorを使う方法について解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

attr_accessorの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

attr_accessorとは

attr_accessor はクラスに、インスタンス変数を読み書きするためのアクセサメソッドを定義するメソッドです。

主に記述を簡単にするために使われます。以下の2つのクラスの書き方は、全く同じ結果になります。

class Book
  attr_accessor :title
end
class Book
  def title
    @title
  end

  def title=(val)
    @title = val
  end
end

 

attr_accessorの書き方

クラス内でシンボルを渡すことで、アクセサメソッドを定義します。シンボルは、一度に複数渡すことが出来、それぞれのアクセサメソッドが追加されます。

class Book
  attr_accessor :title, :price, :author
end

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

アクセサメソッドを定義することで、インスタンス変数に外部からアクセスできるようになります。

アクセサメソッドのないインスタンス変数にアクセスしようとした場合、NoMethodError が発生します。

ソースコード

class Book
  attr_accessor :title, :price

  def initialize title
    @title = title
    @status = "onsale"
  end
end

 

実行結果

> book = Book.new "新しい本"
> book.title
=> "新しい本"
> book.price = 1000
> book.price
=> 1000
> book.status
NoMethodError: undefined method `status' for #<Book:0x00000000166c99c0>

 

監修してくれたメンター

吉本 敏洋

フリーランスとして、WEB系ベンチャーでRailsアプリの開発を行っています。

フリーランスとしてRailsの案件に関わるようになって、10年以上になります。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。