PHPでmove_uploaded_file関数を使う方法【初心者向け】

初心者向けにPHPでmove_uploaded_fileを使う方法について解説しています。一時的に保存されている場所から、実際のディレクトリに移動させる関数です。実際にソースコードを書いて説明しているので、理解していきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

PHPでmove_uploaded_file関数を使う方法について解説します。

アップロードされたファイルの保存場所を変更する際に使うので、ぜひ書き方を理解しておきましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのPHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、PHPに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PHPでmove_uploaded_fileを使う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

move_uploaded_fileとは

クライアントからのリクエストでアップロードされたファイルの保存場所を変更する際に使用するのがmove_uploaded_file関数です。
アップロードされたファイルはまず、/tmpなどの一時フォルダに保存されます。

そのままでは、一定の時間が経つと一時フォルダの中身は削除されるので、アップロードされたファイルを今後使用する場合は
勝手に削除される可能性がない専用のディレクトリに保存する必要がありるため、その際にmove_uploaded_file関数を利用します。

 

move_uploaded_fileの書き方

第一引数には移動前のパスを指定する必要があります。

基本は$_FILES[‘項目名’][‘tmp_name’]を指定します。

「項目名」とファイルを選択した際のinputタグ内でname属性に指定された値です。

$_FILES[‘項目名’]でそのファイルの情報という意味で、[‘tmp_name’]は一時フォルダに保存されているそのファイルまでのパスです。

第二引数では移動先のパスを指定します。

ファイル名までを含めたフルパスを指定する必要があるので、既存のファイル名と重複しないように気をつけましょう。

ちなみに$_FILES[‘項目名’]の中身は下記のようになっております。

連想配列の値に関しては例として仮の値となり、実際には環境に応じて変わる値です。

Array(
    [name] => test.csv
    [type] => text/plain
    [tmp_name] => /tmp/php5dkdaFd
    [error] => 0
    [size] => 123
)

 

[PR] PHPのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

下記のコードはupload_csvという項目名でcsvファイルがアップロードされる前提です。

また、保存先は「/var/www/files/」で、ファイル名は現在日時を元にしたランダムな文字列にします。

// ファイルの保存先
$storeDir = '/var/www/files/';

// ファイルをアップロードする際は基本POSTメソッドを指定するので、それ以外の値が指定されていないかチェックします
if ($_SERVER['REQUEST_METHOD'] !== 'POST') {
    exit('POSTメソッドを指定してください');
}

// アップロードが成功していれば[""error""]には0(=UPLOAD_ERR_OK)が格納されています
if ($_FILES['upload_csv']['error'] !== UPLOAD_ERR_OK) {
    exit('アップロードが失敗しました');
}

// ['type']にはアップロードされたファイルのMINEタイプが化膿されています
// そのため、アップロードされたファイルがCSVファイルであるかチェックします
if ($_FILES['upload_csv']['type'] !== 'text/csv') {
    exit('CSVファイルをアップロードしてください');
}

// 現在時刻を元に唯一の値を生成してファイル名にします
$filename = uniqid().'csv';
// ファイルを一時フォルダから指定したディレクトリに移動します
move_uploaded_file($_FILES['upload_csv']['tmp_name'], $storeDir.$filename);
この記事を監修してくれた方

青木 敦史(あおきあつし)
昼間は自社のWebサービスを運営している会社でフロントエンド/バックエンドを担当しているエンジニア。

Webエンジニアの経験は5年ほどです。TechAcademyではPHP/Laravelコースを担当しています。
開発実績: メイクレッスン支援アプリ / 電力自由化パッケージ / 携帯電話料金計算 / ライブチャットサービス

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではオンラインブートキャンプPHP/Laravelコースを提供しています。

PHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。