Pythonで空のlistに値を代入する方法【初心者向け】

初心者向けにPythonで空のlistに値を代入する方法について解説しています。まず最初にlistがどういう型であるのか、どのような場面で使われるかについて学習します。次にlistに値の代入を行う方法を実際に書きながら覚えていきましょう。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonで空のlistに値を代入する方法についてテックアカデミーのメンター(現役エンジニア)が実際のコードを用いて初心者向けに解説します。

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

 

Pythonでlistを使うことは頻繁にあります。

listを利用することで、複数の値を一括して取り扱うことが可能です。

listの基本は、listに値を代入することです。

この記事では、実務でも日々利用するlistに値を代入する方法を学び、Pythonでlistの取り扱い方の基本を学習できます。

 

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

空のlistに値を代入する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

Pythonのlistの書き方

listとは、複数の要素をまとめて扱うことができる変数の型です。

Pythonでのlistの書き方は以下の通りです。

listsというのは変数の名前です。

listの要素の型は、文字型や数値型と混ざっていても構いません。

 

サンプルコード

lists = [1, 2, 3, 4]
lists = list(range(1, 5))
lists = list("happy") #1文字ずつ分解されて5つの要素のlistになる

 

解説

1行目のlists = [1, 2, 3, 4]では、変数listに1, 2, 3, 4という値を代入しています。

もし、listsを表示した場合は次の内容になります。

[1, 2, 3, 4]

 

2行目のlists = list(range(1, 5))では、range関数を利用して変数listに1, 2, 3, 4という値を代入しています。

つまり中身は1行目と同じです。

もし、listsを表示した場合は次の内容になります。

[1, 2, 3, 4]

range関数についてはこちらの記事を参考にしていただくと良いですよ。

いくつか書き方を紹介!Pythonでrange関数を使う方法 | TechAcademyマガジン

 

3行目のlists = list(“happy”) では、1文字ずつ分解されて、5つの要素のlistにして代入しています。

もし、listsを表示した場合は次の内容になります。

['h', 'a', 'p', 'p', 'y']

 

では、listを使うとどんなメリットがあるのでしょうか。

例を見てみましょう。

listを使わない場合

はじめにlistを使わない場合です。

要素の数が増えると、どんどんプログラムが長くなりますね。

 

item1 = "a"
item2 = "b"
item3 = "c"
item3 = "d" 
item3 = "e" 
print(item1)
print(item2)
print(item3)
print(item4)
print(item5)

listを使う場合

listを使うと以下の通りです。

 

要素の数が増えても、listの部分を変更するだけで済みます。

サンプルコード

items = ["a","b","c","d","e"]
for item in items:
  print(item)

 

実行結果

表示結果

a
b
c
d
e

 

解説

1行目のitems = [“a”, “b”, “c”, “d”, “e”]では、変数itemsに[“a”, “b”, “c”, “d”, “e”]というlistの値を代入します。

2行目のfor item in items:では、itemsから値を1つ取り出してitemに代入する処理を、値がある限りfor文で実行します。

for文に関しては次の記事を参考にしていただくと良いですよ。

Pythonでfor文(ループ処理)を使う方法を解説【初心者向け】 | TechAcademyマガジン

3行目のprint(item)では、itemを表示しています。

今回、for文で表示の制御を行ったので、表示結果は次のようになります。

a
b
c
d
e

 

listを使うと便利なことが分かりましたね。

 

空のlistに値を代入する書き方

次に、空のlistに値を代入する書き方を見てみましょう。

Python で空のlistは以下のように書きます。

 

lists = []

 

または以下のようにも書けます。

lists = list()

 

listに値を代入する書き方は以下の通りです。

append(値)

 

または以下のようにも書けます。

insert(位置, 値)

 

位置が、現在のlistの要素数より大きいとエラーになります。

この他にも、listに要素を追加/削除したり、list同士を結合する方法があります。

詳細は公式ドキュメントを参考にしてください。

 

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

今回のサンプルプログラムでは、空のリストに要素を代入していきます。

サンプルコード

lists = []
lists.append(1)
lists.append(2)
lists.append(3)
lists.insert(1, "位置1に挿入")
print(lists)

 

実行結果

 

表示結果

[1, '位置1に挿入', 2, 3]

 

解説

1行目のlists = []では、空っぽのlistを用意しています。

2行目のlists.append(1)では、1という値を先頭にappendで追加しています。

3行目のlists.append(2)では、2という値を1の次にappendで追加しています。

4行目のlists.append(3)では、3という値を2の次にappendで追加しています。

5行目のlists.insert(1, “位置1に挿入”)では、1の後ろに「位置1に挿入」という文字列を追加しています。

6行目のprint(lists)では、listを表示しています。

 

表示結果は次のようになります。

[1, '位置1に挿入', 2, 3]

 

執筆してくれたメンター

中本賢吾(なかもとけんご)
アジマッチ有限会社 代表取締役社長

開発実績:PHPフレームワークを利用した会員制SNS・ネットショップ構築、AWSや専用サーバ下でLinuxを使用したセキュアな環境構築、人工知能を利用したシステム開発、店舗検索スマホアプリ開発など。ノーコードチャットアプリリリース、小学生がオリジナルAndroidアプリをGoogle Playでリリース、NHK Whyプログラミング入賞、全国Programing Festival入賞などボランティアで地域の職業プログラマー育成活動も行っている。

 

大石ゆかり

内容が分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

テックアカデミーでは、初心者でも最短4週間でPythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できるオンラインブートキャンプPython講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。