Pythonでzipファイルを圧縮・解凍する方法【初心者向け】

初心者向けにPythonでzipファイルを圧縮・解凍する方法について解説しています。大容量のファイルや複数のファイルをまとめてやり取りする際にzipファイルはとても便利です。zipfileライブラリを使ったファイル圧縮・解凍の方法を実際に書きながら学びましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Pythonでzipファイルを圧縮・解凍する方法について解説します。

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのPythonオンライン講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

zipファイルを圧縮・解凍する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

zipファイルとは

zipファイルとは、zipというデータ圧縮のフォーマットで圧縮したファイルのことです。データ圧縮は、一定のルールに従いデータを短い形式で表現します。例えば「aaaaaaaaaa」を「a10」と表現すると7文字短く表現できます。zipはこのような圧縮・解凍のルールを共通化したもので、 Windows や Mac で OS の標準機能として取り入れられている他、Pythonでも標準ライブラリzipfileにより利用することができます。

zipでは、1つのファイルだけでなく、複数のファイルやフォルダを圧縮・解凍することができます。zipファイルとして圧縮することで、大きな容量のファイルを小さくして配布したり、複雑な構造のファイルやフォルダを、まとめて受け渡しすることが可能となります。

データ圧縮のフォーマットは、zipの他、 rar や tar.gz 、 7z などがありますが、 zip が最も多く用いられています。

 

圧縮・解凍する方法

Python のライブラリ zipfile で圧縮・解凍する方法は以下の通りです。

圧縮する方法

import zipfile
with zipfile.ZipFile(zipファイル名, "w", zipfile.ZIP_DEFLATED) as zf:
    zf.write( 圧縮するファイル名, zipファイルの中でのファイル名) 

importによりzipfileライブラリを利用できるようにします。withで始まる行は、zipfileを扱うことを示しています。圧縮する場合、第一引数に作成するzipファイル名、第二引数に “w” を指定します。第三引数はzipファイルの圧縮形式です。一般的なzipファイルを作成するには zipfile.ZIP_DEFLATED を指定します。省略すると、ZIP_STORED (圧縮しない)が指定されます。その他、以下の種類があります。

  • zipfile.ZIP_STORED: 圧縮しない。複数ファイルをまとめて1つにする(デフォルト)
  • zipfile.ZIP_DEFLATED: 一般的なzip圧縮
  • zipfile.ZIP_BZIP2: BZIP2圧縮
  • zipfile.ZIP_LZMA: LZMA圧縮

 

解凍する方法

import zipfile
 with zipfile.ZipFile(zipファイル名) as zf:
 zf.extractall()

解凍の場合も同様に、importによりzipfileライブラリを利用できるようにし、withで始まる行で対象のzipファイル名を指定します。解凍には extractall メソッドを指定します。

その他、特定のファイルだけを解凍する extract メソッド、zipファイルを読み込んで内容を表示するopen メソッド、 read メソッドなどがあります。詳しくは公式ドキュメントを参考にしてください。

https://docs.python.jp/3/library/zipfile.html

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際にファイルを圧縮・解凍してみよう

今回のサンプルプログラムでは、日本語のテキストファイルを圧縮、解凍してzipfileの書き方を確認します。はじめに圧縮対象のファイルを作成します。

こんにちは.txt

こんにちは!
Pythonの世界へようこそ!

それでは、圧縮するサンプルプログラムを書いてみましょう。

zip.py

import zipfile
with zipfile.ZipFile('hello.zip', "w", zipfile.ZIP_DEFLATED) as zf:
    zf.write("こんにちは.txt", "こんにちは.txt") 

実行すると、プログラムと同じフォルダに「hello.zip」ファイルが作成されます。

python zip.py

 

では次に、解凍するサンプルプログラムを書いてみましょう。

unzip.py

import zipfile
with zipfile.ZipFile('./hello.zip') as zf:
 zf.extractall()

「こんにちは.txt」ファイルを別のファイル名にリネームしてから実行します。

python unzip.py

実行すると、プログラムと同じフォルダに「こんにちは.txt」ファイルが解凍されました。

 

この記事を監修してくれた方

太田和樹(おおたかずき)
ITベンチャー企業のPM兼エンジニア

普段は主に、Web系アプリケーション開発のプロジェクトマネージャーとプログラミング講師を行っている。守備範囲はフロントエンド、モバイル、サーバサイド、データサイエンティストと幅広い。その幅広い知見を生かして、複数の領域を組み合わせた新しい提案をするのが得意。

開発実績:画像認識技術を活用した駐車場混雑状況把握(実証実験)、音声認識を活用したヘルプデスク支援システム、Pepperを遠隔操作するアプリの開発、大規模基幹系システムの開発・導入マネジメント

地方在住。仕事のほとんどをリモートオフィスで行う。通勤で消耗する代わりに趣味のDIYや家庭菜園、家族との時間を楽しんでいる。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではPythonを使って機械学習の基礎を学ぶPythonオンライン講座を開催しています。

初心者向けの書籍を使って人工知能(AI)や機械学習について学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。