Pythonでreturnを使う方法【初心者向け】

初心者向けにPythonでreturnを使う方法について解説しています。関数と返り値の関係を理解し、returnを使った書き方を実際の例で見ながら覚えていきましょう。実際にソースコードを書いて説明しているので、参考にしてみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Pythonでreturnを使う方法について解説します。

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのPythonオンライン講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

returnを使う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

returnとは

Pythonでは処理をまとめた関数を定義できます。

関数の中でreturn文を使えます。

return文に処理が到達すると、その関数の実行は終わり、呼び出し元に制御が戻ります。

また、return文でデータを指定していると、呼び出し元にそのデータを返します。

通常、何らかの処理を関数にまとめるので、関数の実行結果を呼び出し元に通知するために、return文を用います。

 

returnの書き方

返り値のないパターン

# 関数の定義
def function():
    return

# 関数の呼び出し
function()

 

返り値のあるパターン

# 関数の定義
def function():
    return 0

# 関数の呼び出し
x = function()

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

返り値のないパターン

サンプルコード

def say_hello(name):
    print('こんにちは', name)
    return
    print('こんばんは', name)

say_hello('太郎')

実行結果

こんにちは 太郎

解説

1行目でsay_helloを定義します。

2行目で「こんにちは~」と表示します。

3行目でreturnし、呼び出し元に制御を戻します。従って4行目のコードは実行されません。

 

返り値のあるパターン

サンプルコード

def add(x, y):
    return x + y

z = add(1, 2)
print(z)

def add_mul(x, y):
    return (x + y, x * y)

z0, z1 = add_mul(1, 2)
print(z0, z1)

実行結果

3
3 2

解説

1行目でadd関数を定義します。この関数はxとyの2つの引数をとります。

2行目でreturn文を用い、xとyの加算結果を返します。

4行目でadd関数を呼び出します。引数で指定した1と2を加算した結果がreturnされるので、zは3になります。

7行目でadd_mul関数を定義します。

8行目のように複数のデータを返すこともできます。

10行目でadd_mul関数を呼び出します。1と2の加算、乗算結果がreturnされるので、z0は3、z1は2になります。

 

監修してくれたメンター

橋本紘希

システムインテグレータ企業勤務のシステムエンジニア。

開発実績: Javaプログラムを用いた業務用Webアプリケーションや、基幹システム用バッチアプリケーションなどの設計構築試験。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではPythonを使って機械学習の基礎を学ぶPythonオンライン講座を開催しています。

初心者向けの書籍を使って人工知能(AI)や機械学習について学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。