Pythonで変数を宣言する方法【初心者向け】

初心者向けにPythonで変数を宣言する方法について解説しています。変数には数値や文字列を格納することができます。Pythonに限らずプログラミング全般において大事な変数について基礎から理解を深めましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Pythonで変数を宣言する方法について解説します。

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのPythonオンライン講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

変数を宣言する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

変数とは

変数は、データを一定期間記憶し必要なときに利用したい場合に使用します。

今回はプログラミングで必須の変数を見ていきましょう。

例えば数値のデータを変数に設定してみます。

a=1

このような処理を行った場合、変数aには数値のデータ1が設定されていることになります。

また文字列を設定したい場合は以下のようになります。

b="test"

このような処理を行った場合、変数bには文字列のデータtestが設定されていることになります。

数値と文字列のデータの違いは数値は数値のみを設定するのに対して、文字列ではダブルクォーテーション(“”)または、シングルクォーテーション(”)で囲む必要があります。

 

変数の書き方

数値データの場合

a=1

変数宣言=数値

 

文字列データの場合

b="test" または b='test'

また、文字列にダブルクォーテーション(“”)を含んだ文字列を作りたい時には全体をシングルクォーテーション(”)で囲みます。

c='This is "test".'

また、文字列にシングルクォーテーション(”)を含んだ文字列を作りたい時には全体をダブルクォーテーション(“”)で囲みます。

d="This is 'test'."

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

実際に変数を使用して、Pythonのプログラムを書いてみましょう。

今回のサンプルプログラムでは、数値の変数、文字列の変数、シングルクォーテーションを含んだ文字列の変数、ダブルクォーテーションを含んだ文字列の変数はどのような変数になるか見ていきましょう。

# 数値の変数
a=1
print(a) # 1

# 文字列の変数
b="test"
print(b) # test

# シングルクォーテーションを含んだ文字列の変数
c="This is a 'test'."
print(c) # This is "test".

# ダブルクォーテーションを含んだ文字列の変数
d='This is a "test".'
print(d) # This is 'test'.

またシングルクォーテーションとダブルクォーテーションが混在した文字列を変数に設定するにはどちらかをエスケープ処理する必要があります。

Macの場合は\をシングルクォーテーションまたはダブルクォーテーションの前に設定します。Windwosの場合は¥をシングルクォーテーションまたはダブルクォーテーションの前に設定します。

サンプルコードはMac環境のものです。

e="This \"is\" a 'test'."
print(e) # This "is" a 'test'.

 

監修してくれたメンター

メンター木下

フルリモート案件をいくつかいただきながら活動しているフリーランスエンジニア。
営業、プログラミング、テスター、雑用、インフラエンジニア、ブリッジエンジニアなど何でもやります。
好きなプログラミング言語はPython, Scala, Swift, Node.js, Haskell

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではPythonを使って機械学習の基礎を学ぶPythonオンライン講座を開催しています。

初心者向けの書籍を使って人工知能(AI)や機械学習について学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。