数値を0埋め!JavaでString.formatメソッドを使う方法【初心者向け】

初心者向けにJavaで数値を0埋めする方法について解説しています。0埋めは桁数を揃える目的で使用されます。ここではString.formatを使った書き方について解説します。0埋めを使う場面と書き方について、実際に書きながら覚えていきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

この記事では、Javaで数値を0埋めする方法について解説します。

実際にプログラムを書いて説明しているので、ぜひ理解しておきましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのJava講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

数値を0埋めする方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

数値を0埋めする方法

Javaで数値を0埋めする方法を説明します。

「数値を0埋めする」とは

数値を画面などに出力する際、あらかじめ決められた桁数に満たない分だけゼロを付与する処理のことを「0埋め」言います。

「ゼロ埋め」「ゼロパディング」「zero padding」などと呼ぶこともあります。

 

実際の利用場面

実際のシステム開発では、次のような場面で0埋めを行うことがよくあります。

  • 月、日を常に2桁で出力する (例えば01、07、12、31のように。1と7は一桁の数値なので左側に0埋めされます)
  • 「社員番号」など、常に固定の桁数で扱いたい番号を出力する (例えば00001、00103、09234のように)

 

Javaでの書き方

様々な書き方・方法がありますが、ここではStringクラスの「format()」メソッドを使った書き方を紹介します。

String.format(書式文字列, 値);
  • 第1引数:値をどのような書式(形式)で出力するかを指定します。例えば5桁で0埋めしたい場合は次の書式文字列を指定します。
    • %05d
      • %・・・書式文字列であることを表す指示子
      • 0・・・埋める文字。この場合ゼロ
      • 5・・・桁数。この場合5桁
      • d・・・出力する値の型。この場合整数(decimal)
  • 第2引数:出力する値を指定します。今回は数値を0埋めするので、「1」「12」「9234」などの数値を指定することになります。

書式文字列についてもっと詳しく知りたい場合は、OracleのAPIドキュメントを読んでみてください。

書式文字列の構文

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

以下は、番号を0埋め最大6桁で出力する例です。

桁数を変えたり出力する値を書き換えたりしてご自身で試してみると、より理解が深まるでしょう。

class StringFormatSample {
    public static void main(String[] args) {
        System.out.println(String.format("%06d", 1);
		System.out.println(String.format("%06d", 12);
		System.out.println(String.format("%06d", 123);
		System.out.println(String.format("%06d", 0);
		System.out.println(String.format("%06d", 123456);
    }
}

 

監修してくれたメンター

青柳哲夫

独立系SIerやベンチャーを経て、現在はフリーランスエンジニアとして活動しています。
PHPやJava・Rubyでの業務系Webアプリケーション開発が得意です。
TechAcademyではJavaコース・ブロックチェーンコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

また、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyでは、Java講座を開催しています。

JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。