Pythonの辞書で逆引きを行う方法【初心者向け】

初心者向けにPythonの辞書で逆引きを行う方法について解説しています。逆引きとは値からキーを取り出すことをいいます。逆引きを行う場合の書き方と実行結果をサンプルコードで見ながら確認しましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Pythonの辞書で逆引きを行う方法について解説します。

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのPythonオンライン講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

辞書で逆引きを行う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

辞書とは

辞書とはデータ構造の一つで、キーと値を対応付ける手法です。

キーと値を組にして辞書にデータを登録します。

キーを指定し辞書から値を取り出せます。

 

逆引きを行う方法

通常、辞書ではキーを指定し、値を取り出します。

その逆に、値を指定し、キーを取り出すことを「逆引き」といいます。

Pythonで逆引きを行うには2通りの方法があります。

  1. 辞書のデータに順番にアクセスし、値を探索する。
  2. キーと値を逆転させた、新しい辞書を作成する。

逆引きが1回限りの場合、1番が効率的です。繰り返し逆引きする場合、2番が効率的です。

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

サンプルコード

d = {1:'one', 2:'two', 3:'three'}

print(d)

def inverse_lookup(d, x):
    for k,v in d.items():
        if x == v:
            return k

print(inverse_lookup(d, 'two'))
print(inverse_lookup(d, 'four'))

def inverse_dict(d):
    return {v:k for k,v in d.items()}

print(inverse_dict(d))

 

実行結果

{1: 'one', 2: 'two', 3: 'three'}
2
None
{'one': 1, 'two': 2, 'three': 3}

 

解説

最初に3つの要素をもつ辞書を定義しています。

また、関数inverse_lookupを定義しました。この関数は辞書と、検索対象の値を、引数にとります。

辞書のキーと値に順番にアクセスし、値がマッチした場合に、対応するキーを返却します。

値twoを検索すると、対応する2が表示され、値fourを検索すると、対応するものが無いのでNoneが表示されました。

次に関数inverse_dictを定義しました。

この関数はキーと値を逆転した、新しい辞書を返却します。

 

監修してくれたメンター

橋本紘希

システムインテグレータ企業勤務のシステムエンジニア。
開発実績: Javaプログラムを用いた業務用Webアプリケーションや、基幹システム用バッチアプリケーションなどの設計構築試験。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではPythonを使って機械学習の基礎を学ぶPythonオンライン講座を開催しています。

初心者向けの書籍を使って人工知能(AI)や機械学習について学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。