RubyでDirクラスを使う方法【初心者向け】

初心者向けにRubyでDirクラスを使う方法について解説しています。Dirクラスはディレクトリに関する操作を行うクラスです。ディレクトリの取得や作成・削除などで何度も使うことになるのでぜひ覚えておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

RubyでDirクラスを使う方法について解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Dirクラスを使う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

Dirクラスとは

Rubyには様々なライブラリが元々導入されています。そのうちの一つがDirクラスです。

ディレクトリに関する様々な情報の取得や操作などがこのクラスを利用することで行えます。

 

Dirクラスの使い方

Dir クラスは require 不要で利用することができます。

すべてのメソッドなどの紹介は最下部のドキュメントに譲るとして、よく利用されるものを紹介します。

クラスメソッドとしてよく利用するのが、 `Dir.mkdir` や `Dir.exists?` です。

ruby

Dir.exists? 'sample' # sample ディレクトリが存在するかどうか
Dir.mkdir 'sample' # sample ディレクトリを作成する
Dir.glob '*' # カレントディレクトリに存在するファイル名を配列で取得する

インスタンスメソッドとしてよく利用するのが `each` ですね。

dir = Dir.new Dir.pwd
dir.each do |entry|
  p entry # home ディレクトリ直下にあるファイルやディレクトリを順番に出力する
end

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

では、実際にDirクラスを利用してよく記述処理を書いてみましょう。

ある特定のディレクトリがあればそのディレクトリにカレントディレクトリを移動、そうでなければディレクトリを作成して、そのディレクトリへカレントディレクトリを移動する、という実際によく利用されるコードです。

ruby

dir_name = 'workdir' # ディレクトリ名
unless Dir.exists? dir_name # ディレクトリが存在するかどうか確認
  Dir.mkdie dir_name # 存在しない場合、 mkdir でディレクトリを作成する
end
Dir.chdir dir_name # カレントディレクトリを指定したディレクトリへ移動

他にも様々なメソッドがあります。下記ドキュメントを参照して活用しましょう。

 

Dir クラスリファレンス

https://docs.ruby-lang.org/ja/latest/class/Dir.html

 

監修してくれたメンター

大塚 颯斗

Ruby on Rails, PHP, Go を中心としたウェブアプリケーションエンジニアとして都内のウェブサービスを提供する企業に在籍。
最近はPHPを主に書きながら、オブジェクト指向をうまく適用していくことに関心を寄せています。
家で飼っている猫が好きだが、何故かすぐに猫に攻撃されて嫌われているかもしれない、というのが悩み。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。