Premiere Proでテロップを作成する方法【動画付き】

Premiere Proでテロップを作成する方法をご紹介します。テロップとは、映像に重ねて表示される文字のことです。テロップは幅広いジャンルの動画で必要になる機能ですので、早い段階でマスターしましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Premiere Proでテロップを作成する方法をご紹介します。

テロップとは、映像に重ねて表示される文字のことです。

テロップを使用することで、動画の内容が更に濃いものになります。

テロップは幅広いジャンルの動画で必要になる機能ですので、早い段階でマスターしましょう。

以下に具体的な手順を説明しているので、参考にしながらテロップを作成をしてみましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyの動画編集オンライン講座の内容をもとにしています。

 

▼動画でもテロップを作成する操作方法を紹介しているので、ぜひご覧ください。

 

田島悠介

今回は、Premiere Proに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

フェードアウトを適用する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

テロップを作成する手順

1.タイムラインパネルのテロップを入れたい箇所に時間インジケーターを移動します。

 

2.ツールバーの”横書き文字ツール”を選択。

プレビューパネル上をクリックし、文字を入力します。

 

 

3.テロップのデザインを変更してみましょう。

A.“エフェクトコントロール”パネルから、テキストのフォントや太さ、サイズなどを変更することができます。

 

その他、各項目で詳細設定が可能です。

 

①テキストを左揃えにする

②テキストを中央揃えにする

③テキストを右揃えにする

④テキストボックス内にテキストを均等配置する(最終行のみ左揃え)

⑤テキストボックス内にテキストを均等配置する(最終行のみ中央揃え)

⑥テキストボックス内にテキストを均等配置する

⑦テキストボックス内にテキストを均等配置する(最終行のみ右揃え)

⑧タブキーで挿入される幅の調整

⑨全体の文字間隔の調整(トラッキング)

⑩単体の文字間隔の調整(カーニング)

⑪行間の幅の調整

⑫入力するテキストの水平ラインの調整。上付き文字などを作成する際に活用できます(ベースラインシフト)

⑬文字間隔の調整。日本語テキストの文字間隔の調整はこちらを使います(ツメ)

⑭太字に変更する

⑮斜体に変更する

⑯アルファベットを大文字に変更する(オールキャップス)

⑰アルファベットを小文字サイズの大文字に変更する(スモールキャップ)

⑱上付き文字に変更する

⑲下付き文字に変更する

 

B.テロップの色を変更する場合は、”塗り”のカラーパネルから変更します。

 

C.テロップに縁取りをつけたい場合は、”ストローク”にチェックを入れ、同様に縁取りのカラーを選択。

横の数値を変更することで、縁取りの太さを変更することができます。

 

D.影をつけたい場合は、シャドウの項目から設定できます。

 

なお、テロップのデザイン後も、デュレーションを変更したり、位置を変更することが可能です。

 

監修してくれたメンター

松隆祐也(まつたかゆうや)

映像ディレクター

新郎新婦が主演するドラマ仕立てのウェディングムービー制作を中心に、企業PRムービーの制作なども行う。
また、仕事での映像制作と並行して、短編映画の監督脚本なども意欲的に行う。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

以上、テロップの作成方法を説明しました。

これらの内容を駆使して、様々なデザインのテロップを作成してみましょう。

 

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではPremiere Proを使って動画編集の基礎を学ぶ動画編集オンライン講座を開催しています。

初心者向けの書籍を使ってPremiere Proでの映像制作・動画編集について学ぶことができます。

現役動画クリエイターがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。