PHPでimplodeを使う方法【初心者向け】

初心者向けにPHPでimplodeを使う方法について解説しています。配列を結合させて1つの変数として返してくれます。実際にソースコードを書いて説明しているので、書きながら理解していきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

PHPでimplodeを使う方法について解説します。

 

なお本記事は、TechAcademyのPHP/Laravel講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、PHPに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

PHPでimplodeを使う方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

implodeとは

配列で指定された複数の文字列を連結するための関数になります。

各文字列の間に挟む連結文字を指定することもできます。

例えばcsvを出力する際に、「,」を連結文字として複数の文字列を連結する際に利用することになると思います。

戻り値には結合後の文字列になります。

join( )という関数も用意されており、これはimplode( )のエイリアスとなり、全く同じ機能が提供されてます。

 

implodeの書き方

第1引数を省略した場合は、連結文字には空文字として処理されるので、注意ください。

 

引数の説明

glue ・・・ 連結文字
pieces ・・・ 連結したい文字列(配列であること)

 

書き方

implode(glue, pieces);
implode(pieces);

 

[PR] PHPのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

// 連結したい文字列
$pieces = ["2018", "01", "01"];

// 連結文字を指定して連結してみます
echo implode("-", $pieces).PHP_EOL; // 2018-01-01
// 連結文字を指定せずに連結してみます
echo implode($pieces).PHP_EOL;      // 20180101

// joinでも同様の機能が提供されていることを確認します
echo join("-", $pieces).PHP_EOL; // 2018-01-01
echo join($pieces).PHP_EOL;      // 20180101

 

この記事を監修してくれた方

青木 敦史(あおきあつし)
昼間は自社のWebサービスを運営している会社でフロントエンド/バックエンドを担当しているエンジニア。

Webエンジニアの経験は5年ほどです。TechAcademyではPHP/Laravelコースを担当しています。
開発実績: メイクレッスン支援アプリ / 電力自由化パッケージ / 携帯電話料金計算 / ライブチャットサービス

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではオンラインブートキャンプPHP/Laravelコースを提供しています。

PHPやフレームワークのLaravelを使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。