XcodeでiPhoneアプリのシミュレーターを使う方法【初心者向け】

XcodeでiPhoneアプリの「シミュレーター(iOSシミュレーター)」を使う方法を初心者向けに解説した記事です。シミュレーターを使えば、アプリの動作確認はもちろんのこと、ブラウザからどのよのようにサイトが表示されるかもチェックできます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

iPhoneアプリを開発する際に使うXcodeですが、iPhoneのシミュレーターを使うこともできます。そこで今回はiOSシミュレーターの使い方を解説します。

 

iPhoneアプリを開発するときは、必ず動作確認が必要ですので覚えておきましょう。

ちなみに、スマートフォンサイトを閲覧するときのシミュレーターとしても役立ちます。

 

なお本記事は、TechAcademyのiPhoneアプリ開発オンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

XcodeでiOSシュミレータを起動する

iOSシミュレーターはXcodeから簡単に起動することができます。

やり方は2つあります。1つは⌘+RXcodeのショートカットキーで開発中のアプリを実行する方法です。

 

もう1つはXcodeのメニューから起動させる方法です。

スクリーンショットにあるように、Xcodeを起動したら、「 > Open Developer Tool >iOS Simulator」と選択すると起動できます。

シミュレーター起動

なお、iPhoneのシミュレーターはPCの解像度によってiPhoneの外枠が表示されないことがあります。より大きな解像度のディスプレイを使っている場合は外枠が表示されます。表示されなくても動作に問題はありませんのでご安心ください。

 

 

作成中のアプリを確認する

iOSシミュレーターの役割は、作成中のアプリの動作を確認することです。開発が一段落したらアプリを起動して、自分の思い通りに動作をするか確認しましょう。

起動するとこのように開発したアプリが選べるので、クリックするだけです。

アプリ確認

このデモでは、開発しているアプリのアイコンをTechAcademyに変えてみました。アイコンの変更の仕方はiPhoneアプリのアイコンを変える方法の記事をご覧ください。

 

アプリのアイコンをクリックすると、このようにアプリの動作を確認できるようになります。また、マウスでクリックすることも可能です。

iPhoneアプリ

 

 

[PR] iPhoneアプリの開発で挫折しない学習方法を動画で公開中

Safariを起動する

裏ワザという程ではありませんが、アプリの確認方法以外にも便利な点があります。

それは、iPhoneのシミュレーターからWebブラウザのSafariを起動できるところです。

 

URLの入力にも対応しているので、ご自身のサイトがiPhoneで閲覧するとどのように見られるのかを確認することもできます。

safari

 

 

デバイスを切り替える

iOSシミュレーターはデバイスを追加して、バージョンを変更することも可能です。

デバイス切り替え

Xcodeの左上にあるボタンをクリックすると、このようにデバイスの変更が可能です。iPhoneのサイズで4インチ、3.5インチなどを選べる他、iPadもここから選ぶことができます。

前述の通り、Safariも開けるのでWebブラウザでどように表示されるかの動作確認にも便利です。

 

また、デバイスは追加することも可能です。

上記画像の「More Simulators」をクリックするとこのような画面が表示されます。

デバイス追加

ここで候補が表示されますので、各シミュレーターの横にある下矢印のボタンをクリックするとダウンロードが開始されます。ダウンロードが完了すると、選択できるデバイスに選択肢として追加されます。

 

 

今回の記事は以上です。

簡単に使えてとても便利なので、ぜひ使いこなしてみてください。

シミュレーターの使い方がわかったら、iPhone(iOS)アプリを実機でテストしてみましょう。

[お知らせ]TechAcademyでは初心者でも8週間でオリジナルアプリが作れるiPhoneアプリ開発オンラインブートキャンプを開催しています。