実際に書いている!Javaのthisの使い方【初心者向け】

初心者向けにJavaのthisの使い方について解説しています。これはインスタンス自身を表す特別な変数です。thisが必要になる場面と使用例を見ていきましょう。実際にソースコードを書いて説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Javaのthisの使い方について解説します。

実際にプログラムを書いて説明しているので、ぜひ理解しておきましょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのJava講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Javaに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

thisの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

thisとは

Javaにおけるthisは、インスタンスそれ自身を表すキーワードです。

 

thisの使い方

あるインスタンスのメソッドを呼び出すコードは、通常「obj.foo( )」という形式で表されます。

メソッドの前に「obj」と付けることで、どのインスタンスのメソッドであるかが識別できるというわけです。

フィールドの参照についても同じく「obj.name」の形式で表すことができます。

上記はインスタンスobjを使う側での呼び出し方でしたが、ではメソッドfoo( )の中で、自分自身のnameフィールドを参照したい場合はどのように表現すればよいでしょうか?

答えは以下のとおりです。

「インスタンス自身」を表す「this」を付けて、「自分自身のフィールドname」を表現することができます。

public String name;

public void foo() {
    System.out.println("name=" + this.name);
}

さてここで、あなたがこれまでに書いたコードを振り返ってみてください。thisなんか使わなくてもフィールド参照できてたよ!という人もいるかと思います。

実際その通りで、自分自身のフィールドやメソッドを呼び出すときは、thisを省略することもできます。以下はさきほどのコードと全く同じです。

public String name;

public void foo() {
    System.out.println("name=" + name);
}

thisを付けても付けなくても同じ結果になるなら、ではどんなときにthisが必要なのでしょうか?

それは、「メソッド内にフィールドと同じ名前のローカル変数があるとき」です。

何も付けないと、メソッド内で定義したローカル変数の方が優先されるので、フィールドを参照することができません。その場合は明示的に「this」を付けてフィールドを参照することになります。

最もわかりやすい例は、フィールドのsetterですね。

ローカル変数(引数)nameの値をフィールドnameに代入する、といったコードの場合はフィールドに「this」を付けなければいけません。

private String name;

public void setName(String name) {
    this.name = name;
}

 

[PR] Javaで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

次のコードでそれぞれのタイミングで「num」の値がどのように出力されるのか、考えながら読んでみましょう。

class NumberHolder {
    private int num;

    NumberHolder(int num) {
        this.num = num++;
        System.out.println("constructor: num=" + this.num);
    }

    public void printNum() {
        int num = this.num * 2;
        System.out.println("printNum()(1): num=" + num);

        this.num = num;
        num = 0;

        System.out.println("printNum()(2): num=" + this.num);
    }
}

class Main {
    public static void main(String[] args) {
        NumberHolder holder = new NumberHolder(10);
        holder.printNum();
    }
}

 

監修してくれたメンター

青柳哲夫

独立系SIerやベンチャーを経て、現在はフリーランスエンジニアとして活動しています。

PHPやJava・Rubyでの業務系Webアプリケーション開発が得意です。
TechAcademyではJavaコース・ブロックチェーンコースを担当しています。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyでは、Java講座を開催しています。

JavaやServletの技術を使ってWebアプリケーションの開発を学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。