実際に書いて説明!Rubyの値渡しとは【初心者向け】

初心者向けにRubyの値渡しについて解説しています。これはメソッドの引数の渡し方のひとつです。値渡しの仕組みと参照渡しとの違いについて、理解しましょう。実際にソースコードを書いて説明しているので、ぜひ参考にしてみてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Rubyの値渡しについて解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

値渡しについて詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

値渡しとは

Rubyのメソッド呼び出しは「値渡し」と言われています。

「値渡し」の対義語は「参照渡し」です。
「値渡し」は変数の値をコピーしてメソッドを呼び出す方式です。

一方で「参照渡し」は変数を共有するようにメソッドを呼び出す方式です。

 

値渡しの方法

Rubyで値渡しでメソッドを呼び出すために、特別に意識することはありません。

普段と同じ記法でメソッドを呼び出します。

def func(x)
	# メソッドの処理
end

# 値渡しによるメソッド呼び出し
b = func a

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

サンプルコード

a = 0

def increment(x)
        x += 1
end

puts a
increment a
puts a

ary = ["foo", "bar", "baz"]

def reverse(x)
        x.reverse!
end

puts ary
reverse ary
puts ary

 

実行結果

0
0
foo
bar
baz
baz
bar
foo

 

解説

1行目で変数aを定義しています。

3-5行目で、引数に1加えるメソッドincrementを定義しています。

7-9行目でaを引数にincrementメソッドを呼び出しました。
値渡しのため、メソッドの呼び出し前後で変数aの値は変わらず、0のままでした。

11行目で配列aryを定義しています。

13-15行目で配列を逆転するメソッドreverseを定義しています。

17-19行目でaryを引数にreverseメソッドを呼び出しました。
今度はメソッドの呼び出し前後で配列aryの中身が変化しました。

これはメソッドに渡された引数aryがオブジェクトの参照であり、参照の「値渡し」だったためです。

 

監修してくれたメンター

橋本紘希

システムインテグレータ企業勤務のシステムエンジニア。

開発実績: Javaプログラムを用いた業務用Webアプリケーションや、基幹システム用バッチアプリケーションなどの設計構築試験。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。