Rubyのgsubメソッドの使い方を解説【初心者向け】

初心者向けにRubyのgsubメソッドの使い方について解説しています。gsubによって正規表現を使った文字列の置換が可能になります。正規表現を使わない場合と使う場合、それぞれの基本の書き方を覚えていきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Rubyのgsubメソッドの使い方について解説します。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

gsubメソッドの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

Rubyのgsubメソッドとは

今回は文字列を別の文字へ置換するgsubメソッドについて解説します。

gsubメソッドは特定の文字を別の文字へ置換するだけでなく、正規表現を用いて該当する箇所を置換したり削除したりできます。文字列を整形するメソッドとしては非常によく使いますので、是非使いこなせるようにしましょう。

 

gsubメソッドで文字列の置換を行う方法

gsubメソッドの書き方は以下のようになります。

正規表現を使わない場合

文字列.gsub(置換したい文字列, 置換後の文字列)

正規表現を使う場合

文字列.gsub(/正規表現/, 正規表現に該当した箇所を置換した後の文字列)

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

では実際に書いてみましょう。

文字列を対象とした場合、下記のようになります。

"置換前です。".gsub("置換前", "置換後")
=> "置換後です。"

では正規表現を使ってみましょう。ここでは携帯電話番号を*に変換した場合を想定してみます。なお正規表現の解説はここでは割愛します。

"私の電話番号は000-0000-0000です。みなさん電話しましょう。".gsub(/\d{3}-\d{4}-\d{4}/, "***-****-****")
=> "私の電話番号は***-****-****です。みなさん電話しましょう。"

このようにユーザーが入力した文字列を自動検閲するには非常に便利です。NGワードを設定しておいて、それを特定の文字列に置換したりといった運用が考えられます。

 

筆者プロフィール

小原 幹康

小学生のときからプログラミングで遊んでいる31歳。
大手企業、ベンチャー企業のCTOなどを経て、現在はフリーランスのエンジニア。
主にC向けのWebメディアを複数持ち、広告収入で日雇いの如く暮らしている。

好きな言語:Ruby、Python、Go
好きなエディタ:emacs
好きなキーボード:Happy Hacking Keyboard 英語無刻印モデル

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。