CSSで偶数や奇数の要素にだけプロパティを適用させる方法【初心者向け】

初心者向けにCSSで偶数や奇数の要素にだけプロパティを適用させる方法について解説しています。偶数や奇数の要素にだけ何かのCSSを適用させたいと思ったことはないでしょうか?nth-child疑似クラスは、兄弟要素のグループの中での位置に基づいて選択します。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

CSSで偶数や奇数の要素にだけプロパティを適用させる方法について解説します。

CSSの基礎がわからない場合は、CSSの書き方の記事を先にお読みください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebデザインオンラインブートキャンプのCSSのカリキュラムをもとに執筆しています。

 

田島悠介

今回は、CSSに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

CSSで偶数や奇数の要素にだけプロパティを適用させる方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

偶数や奇数の要素にだけ適用させる書き方

表のデザインなどで、背景の色が交互になっているもの、みたことないでしょうか?このようなものです。

偶数や奇数の要素にだけCSSを適用させる方法

これは、クラスをそれぞれ2種類用意して交互につければ、実現できそうですよね。

でも、その表に修正があって、行がふえたり、順番が入れ替わったりするときのことを想像すると、、具合がわるくなりそうですね。
そこで、兄弟要素の奇数個目、偶数個目に絞ってスタイルを付与できる方法をご紹介します。

擬似クラス、nth-child というものをつかいます。
基本的な書き方はこうです。

クラス名:nth-child(n){
  プロパティ:値
}

nには、「n番目」「偶数」「奇数」といった指定ができます。

偶数個目に指定する場合 → even
奇数個目に指定する場合 → odd
3個に一個の場合→ 3nとなります。

実際に書いてみよう

HTML

<ul>
  <li>リスト1</li>
  <li>リスト2</li>
  <li>リスト3</li>
  <li>リスト4</li>
  <li>リスト5</li>
</ul>

CSS

ul li{
  background-color: #fff;
  list-style: none;
}

ul li:nth-child(odd){
  background-color: #ccc;
  color: #fff;
}

この記事を監修してくれた方

和田 祥子(わださちこ)
フリーランスのWebデザイナー7年目です。Ruby勉強中。

テニスと音楽とビールが好きです。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyでは初心者でも最短4週間でオリジナルWebサイトを公開できるWebデザインオンラインブートキャンプを開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。