業務効率が上がる!Google Apps Scriptとは【初心者向け】

初心者向けにGoogle Apps Scriptについて解説しています。Googleの各種アプリと連携したシステムを作ることができるGAS(Google Apps Script)とは何なのか、具体的な使用方法と基本的な書き方について学びましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

この記事では、Google Apps Scriptについて解説しています。

Google Apps Scriptとは何なのか、何ができるのか解説しています。普段の業務でGoogleスプレッドシートなどを利用している方は業務効率が上がるので、理解し使えるようになると便利でしょう。

 

なお本記事は、TechAcademyのGoogle Apps Script講座の内容をもとに作成しています。

 

田島悠介

今回は、Google Apps Scriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Google Apps Scriptの特徴、基本の書き方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

目次

 

Google Apps Scriptとは

Google Apps ScriptとはGoogleが提供しているプログラミング環境です。GAS(ガス)という略称でも呼ばれています。

Googleのアカウントを持っていれば、利用する事ができるので、Webからファイルをダウンロードするといった事は行う必要がありません。
Google ChromeはもちろんFirefoxやInternetExplorerでも利用できます。

Googleスプレッドシートなどでも利用できるので、OfficeのExcelに備わっているVBA(Visual Basic for Applications)と似た言語と想像される方がいるかと思いますが、JavaScriptをベースしているため、違う点は多数あります。

ただ、スプレッドシートにのみではありますが、Officeの機能にある「マクロ機能」が追加されていますので、使い勝手は近しいものがあると思います。

 

[PR]Google Apps Scriptで挫折しない学習方法を動画で公開中

Google Apps Scriptがあるサービス

該当するサービスの一覧は以下の通りとなります。

  • ドキュメント
  • スプレッドシート
  • フォーム
  • スライド
  • ドライブ

仕事ではスプレッドシートをよく使用するのではないかと思いますが、特定の条件下(スプレッドシートを開いた時や特定の時間帯など)になった時に自動的に処理を実行させたり、メニューに自分で作成したプログラムを追加する事もできますので、作業の効率化に大きく貢献します。

 

Google Apps Scriptでできること

上記に「Google Apps Scriptがあるサービス」を記載しました。
上記を見た上でGmailやカレンダーではGoogle Apps Scriptは書けないのか?という疑問が浮かぶ方がいるかもしれません。

Gmailやカレンダーといったサービス上ではGoogle Apps Scriptを書く場所はありません。
※設定画面やメニューなどで「マクロ」や「スクリプトエディタ」という項目はないと思います。

ただ、スプレッドシートやドライブ上でGmailやカレンダーに関連したGoogle Apps Scriptを書くことができ、自動的にメールを送信させたり、カレンダーにスケジュールを記載させる事も可能になります。

また、Web情報の取得や外部サービス(LINEやSlackなど)にメッセージを送信する事も可能です。

 

Google Apps Scriptのメリット

まずは無料であることです。

いくつか制限が設けられていますが、その制限が作業上で大きく影響を与える事は少ないでしょう。

Quotas for Google Services
Google Apps Script ダッシュボード

また、上記でGoogle Chromeなどで利用できると書いた通り、Webにアクセスできる環境ならどこでも使える点で、Googleが提供しているサービスと連携している点もメリットの1つです。

 

Google Apps Scriptのデメリット

Google Apps Scriptはサーバーサイドであるため、
ローカルに保存されているファイルなどと直接アクセスして利用するという事はできない点です。

また、リファレンスは英語で書かれているので、英語が分からないとメソッドなど理解するのに時間がかかることがあります。

最近では、Google Apps Scriptに関する書籍が複数あるので、初心者の方でも理解しやすくなっているはずです。

 

基本構文の書き方

Google Apps Scriptの基本構文を解説します。

if文とfor文というプログラミングにおける基本的な知識なので、どんなことが行われるのか概要を知っておくと今後の学習に役立つと思います。

if文

if文とは「もし◯◯だったら〜〜を処理する」という意味の処理になります。

今回は、変数xが10より小さかったら、「10より小さいです」と表示するプログラムを書いてみます。

プログラムソースコード

var x = 1;
if ( x < 10 ) {
  Logger.log("10より小さいです");
}

【表示結果】
10より小さいです

解説

var x

「x」という変数を宣言しています。宣言というのは「xと入れ物を作ります」とプログラム上で言う事を指します。

x = 1
「x」という変数に1を代入しています。
if ( x < 10 )

「xという変数の中身が10より小さければ」という条件を指定したという事になります。

Logger.log("10より小さいです")

「10より小さいです」と表示します。

ソースコードの中身を詳しく説明すると、以上のような処理が行われています。

 

for文

for文とは繰り返す処理に使用します。

以下では3回「表示します」と表示するプログラムを書いてみます。

プログラムソースコード

for ( i = 0; i < 3; i++ ) {
  Logger.log("表示します");
}

【表示結果】

表示します
表示します
表示します

解説

for ( i = 0; i < 3; i++ )

iに代入される数値が0から1づつプラスした数値である1、2と順番に代入されますが、3の時にはiには数値が代入せず、処理が終了するという内容になります。

ですので、今回の内容で3回(iが0と1と2の時に)処理が実行されているという事になります。

Logger.log("表示します")

「表示します」と表示します。

ただ、for文の中での処理となるので同じ処理を今回の場合は3回繰り返す事になります。

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyでは、Google Apps Script講座を開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。