Rubyでraiseメソッドを使った例外処理の書き方【初心者向け】

初心者向けにRubyの例外処理の書き方について解説しています。今回はraiseメソッドを使った例外の発生方法について学びます。実践でも必要になる技術なのでぜひ学習しておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Rubyの例外処理の書き方について解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

例外処理の書き方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

例外処理とは

実際にプログラムのコードと書いていくとプログラムの「例外」が起きることがよくあります。基本的に「例外」が発生した時は「例外」が発生した時点で、そのプログラムは終了してしまいます。

このような「仕様」を利用して、強制的に「例外」を発生させて、そのプログラムのログを見たりして、実装していくというのが開発現場ではよくあります。

今回はこの「例外処理」について紹介していきたいと思います。

 

Rubyの例外処理の例

通常は「例外」が発生しますと、プログラムは終了となります。例えば、

 

module Aisatsu

  def ohayo

    puts 'おはよう'

  end

end

Aisatsu.new

と書いてみますと、モジュールはインスタンスを生成することができないために

「例外」が発生します。

今回はこのプログラムしかないので、問題ありませんが、通常は数多くプログラムが、ある中でこのような「例外」が発生するとその時点でプログラムは終了となります。

しかし、今回紹介するのは上記のようなことではなく、強制的に「例外」を発生させる方法ですので、raiseメソッドを使っていきます。

こちら実際に書いて説明していきましょう!!

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

強制的に「例外」を発生させる方法としては、raiseメソッドを使います。

以下のようにプログラムを実行してみると。

 

def aisatsu
  @ohayo = "おはよう"
  puts @ohayo
  raise
end

aisatsu 

#=>




おはよう

Traceback (most recent call last):

1: from return.rb:6:in `<main>'

return.rb:4:in `aisatsu': unhandled exception

 

raiseメソッドで「例外」が発生し、そこでプログラムを強制的に終了させて、ログをみることができます。

おはよう

と出ていますね。

ここで@ohayoには”おはよう”が入っているなあと確認できます。

 

開発現場ではこのように強制的に「例外」を発生させて確認しているものなのです。今回はこれだけのプログラムですので、あまり問題ありませんが、コード量も多いとraiseメソッドは開発現場では、プログラムのログを見たりするのにとても重宝します。

 

筆者プロフィール

町田 耕

学生時代は会計学専攻。塾講師勤務を経て、企業のCFOとして会社経営に携わる。

会社経営から一線を退いた後、インフラエンジニアの妻の勧めでプログラミングを

独学で始め、プログラミングセミナーなど転々としながら、開発案件に携わるようになる。

現在、フリーランスとして活動しながらテックアカデミーのメンターも勤めている。

 

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。