Rubyのキーワード引数の使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyのキーワード引数の使い方について解説しています。キーワード引数を使うことによって順番による間違いを防ぎ、引数の役割も分かりやすくすることができます。基本の書き方とサンプルコードを見てみましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Rubyのキーワード引数の使い方について解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

キーワード引数の使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

キーワード引数とは

Rubyにおいて、引数は同じ位置にある仮引数(メソッドに書かれている仮の引数)と同じ位置に、実引数(実際に引数を使ってメソッドを使う場合の引数)によってメソッドが実行されることとなります。

通常は仮引数のままメソッドを実行することも多いのですが、実際、そのメソッドを実引数で使い場合など、位置を間違えたりすることが多いのも現状です。

そういったミスを回避し、また作業効率や保守においてもできるだけ勘違いなどによる無駄を省き、わかりやすい引数を設定するために設けられたのが”キーワード引数”となります。

 

Ruby2.0.0より実装されましたので、それ以前のRubyバージョンは使用できません。またRuby2.1以降では、キーワード引数には必須項目とすることもでき、デフォルト値を書かなければ、必須項目であるキーワード引数を入れないと、ArgumentErrorとなり、保守や開発のミスを防ぐのに効率的な役割を果たしています。

 

キーワード引数の使い方

キーワード引数はメソッドに引数を実装する際に、引数を”キー: 値”という形で設定します。

この時、値に何もいれておかないと、メソッドを実行する際に、実引数で実際の値をいれないとArgumentErrorとなります。

 

def (key1: value1, key2: value2)

end

 

キーワード引数を実装したメソッドの書き方はこのようになります。

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

それでは実際に書いてみましょう!!

 

def apple(color: "red", price: 200)
 p "#{color}, #{price}"
end
apple()
apple(color: "green", price: 250)

#=>



"red, 200"

"green, 250"

 

実行結果は上記のようになります。すでにキーワード引数としてデフォルト値(red, 200)を設定していますので、

apple()

でメソッドを呼ぶとデフォルト値の引数で実行されます。また、キーワード引数のデフォルト値を変更することも、もちろん可能ですので

 

apple(color: "green", price: 250)

 

で引数を渡せば、実行結果は

“green 250”

となります。

では次にキーワード引数にデフォルト値を設定していない場合は、どうなるでしょうか?

 

def apple(color: "red", price: 200, size:)
  p "#{color}, #{price}, #{size}"
end

apple()

#=>  missing keyword: size (ArgumentError)

 

となります。sizeの値がないのでエラーとなっております。こちらはsizeに対してデフォルト値が与えられていませんので、メソッドを実行する時はその値を入れないとエラーとなるのです。

ですので、値を入れて実行してみましょう!!

 

def apple(color: "red", price: 200, size:)
  p "#{color}, #{price}, #{size}"
end

apple(size: 250)

#=>   "red, 200, 250"

 

きちんと実行されましたね。

colorとpriceについてはデフォルト値が設定されていますので、デフォルト値が実行されることとなります。

 

ここで勘の良い方は気づくかもしれませんが、このキーワード引数はメソッド実行するときに、引数の順番を変えてもエラーとならず実行されます。

 

def apple(color: "red", price: 200, size:)
  p "#{color}, #{price}, #{size}"
end

apple(size: 250, color: "green", price: 180)

#=> "green, 180, 250"

 

しかし、実行結果は引数の定義通りの順番となります。エラーにはなりません。

 

このようにキーワード引数は使い勝手が良いので、是非とも覚えておいておくと良いでしょう。

 

筆者プロフィール

町田 耕

学生時代は会計学専攻。塾講師勤務を経て、企業のCFOとして会社経営に携わる。

会社経営から一線を退いた後、インフラエンジニアの妻の勧めでプログラミングを

独学で始め、プログラミングセミナーなど転々としながら、開発案件に携わるようになる。

現在、フリーランスとして活動しながらテックアカデミーのメンターも勤めている。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。