Rubyのクラスメソッドの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyのクラスメソッドの使い方について解説しています。最初にクラスメソッドとインスタンスメソッドの違いについて学びます。続いてそれぞれの使い方、書き方について学びましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Rubyのクラスメソッドの使い方について解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

クラスメソッドの使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

クラスメソッドとは(インスタンスメソッドとの比較など)

今回はRubyのクラスメソッドについて紹介していきます。

 

クラスメソッドを説明するには、インスタンスメソッドとの比較で説明するのがわかりやすいと思いますので、インスタンスメソッドについても説明します。

クラスメソッドとはレシーバーがクラス名でそのクラス名に対してのメソッドであります。つまりクラスメソッドはクラスオブジェクトから呼び出すためのメソッドとなります。

 

これに対してインスタンスメソッドはレシーバーがインスタンスで、そのインスタンスに対してのメソッドであります。つまりインスタンスメソッドはインスタンスオブジェクトから呼び出すためのメソッドとなります。

 

なかなかピンと来ないと思いますので、使い分けについて説明します。実際のところ両者の使い分の明確な線引きはなく、インスタンスメソッドで定義できるところはなるべくインスタンスメソッドで定義するように筆者はしています。

 

クラスメソッドの使い方

クラスメソッドの定義に仕方としては

 

class A

  def self.b

    ....

  end

end

 

又は

 

class A

  class << self

    def b

    ...

    end

end

 

という形で定義します。

 

クラスメソッドの使い方としては、クラス名.メソッド という形で使います。

上記の例ですと

A.b

というような感じになります。

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

それでは実際に書いてみましょう。まずはインスタンスメソッドの使い方を書いてみましょう。

train.rbというファイルを作成して以下のコードを書いてみてください。

class Train
  attr_accessor :name, :kind

  def initialize(name, kind)
    self.name = name
    self.kind = kind
  end

    def description
    puts "#{self.name}の#{self.kind}はちょーカッコいい!!"
  end
end

train = Train.new("ロマンスカー", "VSE")
train.description
$ ruby train.rb

=>

ロマンスカーのVSEはちょーカッコいい!!

 

とこのように表示されますね。このコードを説明しますと、まずTrainクラスで、descriptionメソッドというインスタンスメソッドを定義しています。

インスタンス名.descriptionという形でこのメソッドが実行されることとなります。

ということで

 

train = Train.new("ロマンスカー", "VSE")
train.description

 

でまず、Trainクラスからtrainというインスタンスをnewメソッドで生成して、trainというインスタンスをレシーバとしてdescriptionメソッドを実行していることとなります。

ここでnewメソッドはクラス名.newとなることからクラスメソッドとなります。

上記と表示が同じようになるようにクラスメソッドで書くとどうなるのかを説明します。以下のコードを書いてみてください。

 

class Romancecar
  def self.description
    puts "ロマンスカーのVSEはちょーカッコいい!!"
  end
end

Romancecar.description

 

def self.~

end

というのはクラスメソッドの書き方でしたね。Romancecarというのはクラス名ですからRomancecar.descriptionのdescriptionはクラスメソッドとなります。

 

両者をみてわかるようにどちらで書いても実装できるのがわかったと思いますが、インスタンスメソッドとした方がいろいろなデータをインスタンスに入れることができるので、なるべくならインスタンスメソッドで定義した方が良いと思います。

 

因みに筆者は小田急ロマンスカーが好きなので、ロマンスカーの題材を例に上げています。

 

 

筆者プロフィール

町田 耕

学生時代は会計学専攻。塾講師勤務を経て、企業のCFOとして会社経営に携わる。

会社経営から一線を退いた後、インフラエンジニアの妻の勧めでプログラミングを独学で始め、プログラミングセミナーなど転々としながら、開発案件に携わるようになる。

現在、フリーランスとして活動しながらテックアカデミーのメンターも勤めている。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。