Rubyの不等号の演算子の使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyの不等号の演算子の使い方について解説しています。最初に不等号演算子の種類とそれぞれの処理の内容について学習します。次にどのような場面で使用するかについて、実際の例で見ていきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Rubyの不等号の演算子の使い方について解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラを現役エンジニアが解説【初心者向け】インブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

不等号の演算子の使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

不等号の演算子とは(<, <=, >, >=)

不等号演算子とは比較演算子の中の一つで2つの値を比較してその結果を論理値(true,false)で返します。

 

例えば

a < b     #aよりもbが大きいならtrue、bがaと同じかa以下ならfalse
a > b     # aがbよりも大きいならtrue、bがaと同じかa以上ならfalse
a <= b   #aがb以下ならtrue、bがaよりも大きいならfalse
a >= b   #aがb以上ならtrue、bがaよりも小さいならfalse

 

このようになります。

 

不等号の演算子の使い方

不等号演算子の使い方としては if文などで条件分岐をする場合などに使うと便利です。

例えば

if  5 < 10

  puts "10が大きいです"

end

 

以上のように書くとif  5  < 10はtrueですのでputs以下が実行されます。

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

それでは実際に書いてみましょう。

 

#train.rb

class Train
  attr_accessor :a, :b

def initialize(a,b)
  self.a = a
  self.b = b
end

def call
  if self.a > self.b
    puts "aが大きい"
  else
    puts "bが大きい"
  end
end

train = Train.new(100,50)
train.call
#=>  aが大きい

 

筆者プロフィール

町田 耕

学生時代は会計学専攻。塾講師勤務を経て、企業のCFOとして会社経営に携わる。

会社経営から一線を退いた後、インフラエンジニアの妻の勧めでプログラミングを独学で始め、プログラミングセミナーなど転々としながら、開発案件に携わるようになる。

現在、フリーランスとして活動しながらテックアカデミーのメンターも勤めている。

 

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。