Rubyのログを確認する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyのログを確認する方法について解説しています。ログはプログラムの処理の結果や付随するメッセージを記録した物のことです。ログの種類は大半がエラーログで、エラーの種類によって分けることが出来ます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Rubyのログを確認する方法について解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Rubyのログを確認する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

ログとは

ログとはプログラムを実行している時にプログラムの処理の経過を表示させることです。

プログラムがどのような経緯でどのような処理を行ったのか記録を残しておくことでエラーやバグなどの原因調査に使用することができます。

もし、このようなログを残しておくことがなければ、障害が起きた時の原因調査にかなりの時間を費やすこととなり大規模障害へと発展する可能性すらあります。

したがって、ログはとても大切な機能とも言えます。

 

ログを確認する方法(loggerライブラリの使い方など)

Rubyにおいてはログを確認する方法としてloggerというライブラリーがあります。
loggerを使用するには最初に

require 'logger'

と宣言します。またlogには重要度によってlogレベルというのがあり

  • DEBUG デバック情報
  • INFO 一般的な情報
  • WARN 警告情報
  • ERROR エラー情報
  • FATAL 致命的なエラー情報
  • UNKNOWN 未知の情報

と6つのレベルがあります。

DEBUG < INFO < WARN < ERROR < FATAL < UNKNOWN

と右にいくほど重要度が増します。
ライブラリーを読み込む宣言をしたあとログオブジェクトの生成をします。

 

log = Logger.new('./logfile')

このようにログの出力先のファイルを指定します。
ログを出力した後、logfileを開くとログの記録が残っていますのでログを確認することができます。

 

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

エラーのログを確認する方法

上記のようにログオブジェクト生成の時点ではすべてのログが出力されますが、ログの出力レベル
(DEBUG < INFO < WARN < ERROR < FATAL < UNKNOWN)
を制限して出力することもできます。

log.debug
log.info
log.warn
log.error
log.fatal
log.unknown

 

こちらのメソッドに引数を渡すとメッセージを出力させることもできます。
上記のようにファイルに出力してエラーを確認することができます。

実際に書いてみよう

それでは実際に書いてみましょう!!

 

# log.rb
require 'logger'

log = Logger.new('./logfile')

log.debug('debugメッセージ')
log.info('infoメッセージ')
log.warn('warnメッセージ')
log.error('errorメッセージ')
log.fatal('fatalメッセージ')
log.unknown('unknownメッセージ')
$ ruby log.rb
# logfile
D, [2019-02-04T14:24:45.903267 #2053] DEBUG -- : debugメッセージ
I, [2019-02-04T14:24:45.903364 #2053] INFO -- : infoメッセージ
W, [2019-02-04T14:24:45.903392 #2053] WARN -- : warnメッセージ
E, [2019-02-04T14:24:45.903415 #2053] ERROR -- : errorメッセージ
F, [2019-02-04T14:24:45.903436 #2053] FATAL -- : fatalメッセージ
A, [2019-02-04T14:24:45.903456 #2053] ANY -- : unknownメッセージ

 

logfileにログレベルごとにメッセージとともに出力されています。

 

監修してくれたメンター

町田耕

大学卒業後、塾の数学科講師として数年間勤めた後、会社の経営に携わる。

会社経営時代は主に財務関係が中心に担当していたが、インフラエンジニアの妻の勧めもありプログラミングを独学で学び始める。プログラミングのセミナーなど数多く受け、IT関連の受託開発会社に勤めた後、ITシステム開発会社を設立。

現在、システムの請負としての業務を行う傍らテックアカデミーのRuby on Railsのメンターも勤めている。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。