Rubyのfirstメソッドとlastメソッドの使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにRubyのfirstメソッドとlastメソッドの使い方について解説しています。それぞれRubyの配列の要素を取得するメソッド(関数)になりますが、引数を指定することで最初から何個のように柔軟に要素を取得することが出来ます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Rubyのfirstメソッドとlastメソッドの使い方について解説します。

Rubyについてそもそもよく分からないという方は、Rubyとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのWebアプリケーションオンラインブートキャンプの内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Rubyに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

firstメソッドとlastメソッドの使い方の使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

firstメソッドとlastメソッドとは

firstメソッドとは配列の要素を取り出すときその配列の中の最初の要素を取得するメソッドです。配列の要素がない場合はnilを返します。

lastメソッドは配列の要素を取り出すときその配列の中の最後の要素を取得メソッドです。配列の要素がない場合はnilを返します。

 

firstメソッドとlastメソッドの書き方

firstメソッドの書き方

firstメソッドは以下のように書きます。

配列.first
配列.first(引数)

 

引数がある場合は配列の中の最初の要素からその引数の数の要素を配列で返します。

lastメソッドの書き方

lastメソッドは以下のように書きます。

配列.last
配列.last(引数)

 

引数がある場合は配列の中の最後の要素からその引数の数の要素を配列で返します。

[PR] Rubyのプログラミングで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

それでは実際に書いてみます。以下のコードで確認してみましょう!!

 

planet = ["mercury", "venus", "earth", "mars", "jupiter", "saturn"]
p planet.first
p planet.first(3)
p planet.last
p planet.last(2)
#=>
"mercury"
["mercury", "venus", "earth"]
"saturn"
["jupiter", "saturn"]

 

firstは配列の最初を取得しますから、”mercury”を取得しています。first(3)は配列の最初の要素から3つ分の要素を配列にて返しています。

lastは配列の最後を取得しますから、”saturn”を取得しています。lastは配列の最後の要素から2つ分の要素を配列にて返しています。

 

監修してくれたメンター

町田耕

大学卒業後、塾の数学科講師として数年間勤めた後、会社の経営に携わる。

会社経営時代は主に財務関係が中心に担当していたが、インフラエンジニアの妻の勧めもありプログラミングを独学で学び始める。プログラミングのセミナーなど数多く受け、IT関連の受託開発会社に勤めた後、ITシステム開発会社を設立。

現在、システムの請負としての業務を行う傍らテックアカデミーのRuby on Railsのメンターも勤めている。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

TechAcademyでは初心者でも最短4週間でエンジニアになれるRuby on Railsオンラインブートキャンプを開催しています。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間でオリジナルWebサービスを開発することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。