Pythonで名前解決する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonで名前解決する方法について解説しています。名前解決はドメイン名からIPアドレスへと変換することになります。簡単に説明するとドメイン名という名前から、IPアドレスという電話番号を見つけ出して通信に使用するというような形になります。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Pythonで名前解決する方法について解説します。

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのPythonオンライン講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

名前解決する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

DNS(Domain Name System)とは

DNSとは、インターネット上で、コンピュータ名やドメイン名などの名前を表す文字列とIPアドレスの対応を管理したり、検索したりする仕組みです。

DNSの特徴は階層的であることです。

名前解決とは

Webサイトにアクセスするとき、www.example.orgのようなホスト名を指定しますが、このままではアクセス先(IPアドレス)がわかりません。コンピュータはDNSへの問い合わせにより、ホスト名をIPアドレスに変換し、対象のホストに接続します。

このホスト名からIPアドレスへの変換を名前解決といいます。

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

Pythonで名前解決する方法

urllibモジュールを使う場合などは、OSの仕組みで自動的に名前解決するため、明示的にコーディングする必要はありません。

ホスト名をIPアドレスに変換したい場合には、socket.getaddrinfo関数を用います。より高度なDNS操作を行いたい場合には、dnspythonのような外部モジュールを用いると便利です。

実際に書いてみよう

サンプルコード(socketモジュール)

import socket

addrs = socket.getaddrinfo('www.example.org', 80)
for addr in addrs:
  print(addr)

 

実行結果

(<AddressFamily.AF_INET: 2>, <SocketKind.SOCK_STREAM: 1>, 6, '', ('93.184.216.34', 80))
(<AddressFamily.AF_INET: 2>, <SocketKind.SOCK_DGRAM: 2>, 17, '', ('93.184.216.34', 80))
(<AddressFamily.AF_INET: 2>, <SocketKind.SOCK_RAW: 3>, 0, '', ('93.184.216.34', 80))
(<AddressFamily.AF_INET6: 10>, <SocketKind.SOCK_STREAM: 1>, 6, '', ('2606:2800:220:1:248:1893:25c8:1946', 80, 0, 0))
(<AddressFamily.AF_INET6: 10>, <SocketKind.SOCK_DGRAM: 2>, 17, '', ('2606:2800:220:1:248:1893:25c8:1946', 80, 0, 0))
(<AddressFamily.AF_INET6: 10>, <SocketKind.SOCK_RAW: 3>, 0, '', ('2606:2800:220:1:248:1893:25c8:1946', 80, 0, 0))

 

解説

  1. www.example.orgの名前解決を行いました
  2. 戻り値が複数あるため、forループでレコード1つずつにアクセスしました
  3. 前半3つがIPv4アドレス、後半3つがIPv6アドレスに対応しています

それぞれ3つの結果がありますが、これはソケットタイプが3つ(ストリーム、データグラム、raw/生)あるためです。

 

dnspythonモジュールのインストール

以下コマンドでdnspythonモジュールをインストールしておきます。

pip install dnspython

 

サンプルコード(dnspythonモジュール)

import dns.resolver

answers = dns.resolver.query('dnspython.org', 'MX')
for rdata in answers:
    print('Host', rdata.exchange, 'has preference', rdata.preference)

 

実行結果

Host aspmx.l.google.com. has preference 10
Host alt1.aspmx.l.google.com. has preference 20
Host alt2.aspmx.l.google.com. has preference 20
Host aspmx2.googlemail.com. has preference 30
Host aspmx3.googlemail.com. has preference 30

 

解説

dnspython.orgのMXレコードを取得しました。こちらも戻り値が複数あるため、forループでレコード1つずつにアクセスしました。

監修してくれたメンター

橋本紘希

システムインテグレータ企業勤務のシステムエンジニア。

開発実績: Javaプログラムを用いた業務用Webアプリケーションや、基幹システム用バッチアプリケーションなどの設計構築試験。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではPythonを使って機械学習の基礎を学ぶPythonオンライン講座を開催しています。

初心者向けの書籍を使って人工知能(AI)や機械学習について学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。