Pythonを利用したLINE Botの作り方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonを利用したLINEのBotの作り方について解説しています。Bot(ボット)とは機械による自動発言プログラミングのことです。ブログに投稿したらTwitterにも投稿されるというようなプログラムが有名です。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Pythonを利用したLINEのBotの作り方について解説します。

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのPythonオンライン講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

LINEのBotの作り方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

LINEのBotの作り方

LINEとの連携のためにline-bot-sdk-pythonを使います。LINE Massaging APIを利用するために事前準備が必要です。詳細は公式の文書を参照してください。

 

環境

この記事では以下の環境を使用しました。

  • Amazon EC2 インスタンス: インターネットに公開されたWebサーバが必要なため
  • Fastly: HTTPS通信をHTTP通信に変換するため(*)

(*)作成するプログラムはHTTPの通信を受け付けます。

一方で、LINE Messaging APIのWebhookを利用しますが、仕様上HTTPSでの通信のみ対応しています。よって以下の構成とすることで、HTTPS通信をHTTPに変換しました。

  • LINE Messaging API → Fastly → EC2インスタンス

(注)この構成ではFastlyとEC2インスタンスの間の通信が平文になります。通信内容が保護されないため、試験や動作確認目的でのみ用いるべきです。重要なデータをやりとりしてはいけません。

 

手順

  1. Amazon EC2インスタンスを作成しました
  2. プログラムはTCP 8000ポートで接続を受け付けます
  3. セキュリティグループの設定でTCP 8000ポートへの通信を許可しておきます
  4. 以下のコマンドでline-bot-sdk-pythonをインストールしました

 

pip install line-bot-sdk

FastlyでCDNを設定しました。LINE Messaging APIを受け付けるフロントエンドと、転送先のバックエンドのURLはそれぞれ以下のような形式になります。

 

フロントエンド

https://<自分で設定する>.freetls.fastly.net/callback

 

バックエンド

https://<上で作成したインスタンス依存>.compute.amazonaws.com/callback

LINE Developersコンソールで、チャネルを作成しました。以下の設定を記録、変更しました。

  • Channel Secret: 後のプロセスで必要になります
  • アクセストークン: 後のプロセスで必要になります
  • Webhook URL: 上記のフロントエンドURLを設定しました
  • 自動応答メッセージ: 「利用しない」に設定しました

以下のコマンドで、環境変数を設定しました。

export LINE_CHANNEL_SECRET=<上記で控えたChannel Secret>
export LINE_CHANNEL_ACCESS_TOKEN=<上記で控えたアクセストークン>

 

line-bot-sdk-pythonに付属しているサンプルコードを実行しました。

python app.py

LINEで友達に追加し、メッセージを送信しました。下の画像のように、送信したメッセージがそのまま返信されてくる(echo)ことを確認できました。

PythonによるLine Botプログラミング

なお、プログラムを実行しているコンソールでも、以下のようなログが表示されます。

 

(line_bot) [ec2-user@ip-10-0-0-123 line_bot]$ python app.py
157.52.91.50 - - [26/Mar/2019 23:42:46] "POST /callback HTTP/1.1" 200 2
157.52.91.44 - - [26/Mar/2019 23:43:00] "POST /callback HTTP/1.1" 200 2
157.52.91.41 - - [26/Mar/2019 23:59:35] "POST /callback HTTP/1.1" 200 2
157.52.91.23 - - [26/Mar/2019 23:59:40] "POST /callback HTTP/1.1" 200 2
157.52.91.50 - - [27/Mar/2019 00:00:00] "POST /callback HTTP/1.1" 200 2
43.249.72.33 - - [27/Mar/2019 00:00:34] "POST /callback HTTP/1.1" 200 2

 

サンプルコード

  • 上記でも紹介した、送信したメッセージをそのまま返信する
  • プログラム同上、WebアプリケーションフレームワークのFlaskを使用し、簡潔にしたプログラム

監修してくれたメンター

橋本紘希

システムインテグレータ企業勤務のシステムエンジニア。

開発実績: Javaプログラムを用いた業務用Webアプリケーションや、基幹システム用バッチアプリケーションなどの設計構築試験。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではPythonを使って機械学習の基礎を学ぶPythonオンライン講座を開催しています。

初心者向けの書籍を使って人工知能(AI)や機械学習について学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。