Pythonで日本語の正規表現を扱う方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

正規表現を構成するのは、「メタ文字」や「特殊シーケンス」呼ばれる文字を組み合わせです。正規表現を使うには、reモジュールを使います。検索、置換、連結、分割などの便利な関数が簡単に実行できます。

TechAcademyマガジンは受講者数No.1のオンラインプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営。初心者向けに解説した記事を公開中。現役エンジニアの方はこちらをご覧ください。

Pythonで日本語の正規表現を扱う方法について解説します。

そもそもPythonについてよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事を読むとさらに理解が深まります。

 

なお本記事は、TechAcademyのオンラインブートキャンプPython講座の内容をもとに紹介しています。

 

田島悠介

今回は、Pythonついての内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

日本語の正規表現を扱う方法を解説していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

正規表現とは

正規表現は、様々な文字列を1つの形式で表すための表記法です。

言葉で説明してもピンとこないので、今回は文章の中から日本語を抽出し、表示までを正規表現で実際に試してみます

 

正規表現で日本語の文字を抽出するには

正規表現を構成するのは、「メタ文字」や「特殊シーケンス」呼ばれる文字を組み合わせです。正規表現を使うには、reモジュールを使います。検索、置換、連結、分割などの便利な関数が簡単に実行できます。

さっそく、文章から日本語だけを抽出してみます。

import re
txt = "TechAcademyマガジンでプログラミングを学習する!"

# ひらがなの抽出
hiragana = re.findall("[ぁ-ん]", txt)
# カタカナの抽出
katakana = re.findall("[ァ-ン]", txt)
# 漢字の抽出
kanji = re.findall("[一-龥]", txt)

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

抽出した日本語の文字を表示するには

次に、文章から日本語を抽出し、出力までします。

import re
txt = "TechAcademyマガジンでプログラミングを学習する!"

# ひらがなの抽出
hiragana = re.findall("[ぁ-ん]", txt)
# カタカナの抽出
katakana = re.findall("[ァ-ン]", txt)
# 漢字の抽出
kanji = re.findall("[一-龥]", txt)

# ひらがなの出力
if hiragana:
    print(hiragana)
# カタカナの出力
if katakana:
    print(katakana)
# 漢字の出力
if kanji:
    print(kanji)

実行結果

['で', 'を', 'す', 'る']
['マ', 'ガ', 'ジ', 'ン', 'プ', 'ロ', 'グ', 'ラ', 'ミ', 'ン', 'グ']
['学', '習']

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました!ありがとうございます!

 

TechAcademyでは、初心者でも最短4週間でPythonを使った人工知能(AI)や機械学習の基礎を習得できるオンラインブートキャンプPython講座を開催しています。

挫折しない学習方法を知れる説明動画や、現役エンジニアとのビデオ通話とチャットサポート、学習用カリキュラムを体験できる無料体験も実施しているので、ぜひ参加してみてください。