Pythonで親ディレクトリからファイルをインポートする方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

PythonでPythonで親ディレクトリからファイルをインポートする方法について解説します。Pythonには便利なライブラリが多くあります。それは自由に組み込んで自分のアプリケーション開発で使用できます。そのライブラリやモジュールは、「import」使うことで読み込むことができます。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Pythonで親ディレクトリからファイルをインポートする方法について解説します。

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのPythonオンライン講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、Pythonついての内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

Pythonで親ディレクトリからファイルをインポートする方法を解説していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

Pythonファイル(モジュール)のインポートとは

Pythonには便利なライブラリが多くあります。それは自由に組み込んで自分のアプリケーション開発で使用できます。そのライブラリやモジュールは、「import」使うことで読み込むことができます。

また、自身で作ったモジュールなども読み込むことができます。

カレントディレクトリ、親ディレクトリ、サブディレクトリ(子ディレクトリ)とは

モジュールは別ファイルや別ディレクトリに格納しているケースが多いです。そのため、最初にカレントディレクトリ、親ディレクトリ、サブディレクトリ(子ディレクトリ)の違いを理解しておきましょう。

カレントディレクトリ

カレントを英語に翻訳すると「current」になり、「現在の~」という意味です。
つまり、カレントディレクトリ = 現在のフォルダを意味します。

親ディレクトリ

親ディレクトリとサブディレクトリを理解するには、箱をイメージしてください。親ディレクトリは箱です。サブディレクトリは親である箱に入っている、さらに小さな箱です。

開発時には、ファイルをグループ分けするためにディレクトリにまとめます。それを繰り返すことで、階層構造になります。

サブディレクトリ

親ディレクトリの説明とかぶりますが、親ディレクトリの中にあるディレクトリがサブディレクトリ(子ディレクトリ)です。

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

親ディレクトリからファイルをインポートする方法

自作のモジュールなどを、別の階層のディレクトリからimportしたいケースがあります。今回は親ディレクトリのファイルをimportする方法を紹介します。

以下の構造を例に、sub_file.pyからfile1.pyをimportします。

ファイル構造

my_directory/
├── file1.py
└── sub_directory
    ├── sub_file.py

上位ディレクトリから特定のファイルを読み込む方法

from .. import file1

ピリオドを追加すれば、さらに上の階層からimportできます。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました!ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではPythonを使って機械学習の基礎を学ぶPythonオンライン講座を開催しています。

初心者向けの書籍を使って人工知能(AI)や機械学習について学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。