最初が肝心!ビジネスの場面でふさわしい自己紹介の方法

初めての職場では、大勢の前で自己紹介する機会があります。特にビジネスシーンでは、何を話したら良いか悩んでしまう人も多いでしょう。そこで今回は、自己紹介で話す内容やポイントを紹介します。印象の良い自己紹介の仕方を覚えて、自信をもって話せるようになりましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

これから新しい職場で仕事をするさいに、大事なのが自己紹介です。話す内容はもちろん、姿勢や表情も重要です。

最初のイメージ次第で周りのあなたに対する対応などが変わってきます。本記事では自己紹介の構成から、具体例・NG例なども交えて解説していきます。

 

※なお本記事は、TechAcademyのエンジニア転職保証コースのキャリアカウンセリング内容をもとに紹介しています。

自己紹介の基本構成


自己紹介で話す内容を考えてみましょう。明るい表情で挨拶をしてから自分の名前を言います。

そして、簡単な経歴や趣味を話しましょう。最後に意気込みを語ると、さらに引き締まった印象になります。

 

例文

では実際に、どんな風に自己紹介すればよいのかを例文で紹介します。挨拶は以下のように構成するとよいでしょう。

  1. 挨拶
  2. 名前
  3. 経歴
  4. 趣味
  5. 意気込み

のように話して見ましょう。それではここで例文を紹介します。

はじめまして!(明るい表情で軽く挨拶する)

私は石原里子と申します。有名な女優さんと一文字違いなので、よく名前を間違えられます。(アイスブレイクを入れて、和やかな雰囲気に)

私は大学で情報学を専攻し、大手電気メーカーのシステム構築分野で社内SEとして勤務してきました。

私の趣味は、ガーデニングです。最近はプチ自給自足を目指していて、ベランダで野菜を育てています。

今まで身に着けてきた知識を活かしつつ、新しいことにも挑戦したいと考えております。どうぞよろしくお願いいたします。

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング

自己紹介をするときのポイント


ビジネスシーンでの自己紹介は、緊張のせいで無表情になりがちです。聞いている人が「つまらない」と感じないように自己紹介するポイントを紹介します。

姿勢を良くする

姿勢が悪くなって下向き加減になってしまうと、印象も悪くなりがちです。そのため、背筋を伸ばして、しっかりと前を向くように意識しましょう。

声はハッキリ

職場で自己紹介する時は、遠くにいる人まで声が届くように大きな声でハッキリと話しましょう。いつもよりも口をしっかりと開けて、笑顔で話すと声もクリアになり、印象も良くなります。

短時間で話す

ビジネスシーンでの自己紹介は、長時間詳しく話す必要はありません。時間は1分くらいで伝えたいことをハッキリと落ち着いて話しましょう。

 

自己紹介のNG例

ビジネスの場面における自己紹介のNG例を紹介します。

マイナスなことを話す

「前職を退職した理由は、人間関係が上手くいかなかったからです」などのネガティブな内容は、新しい職場の同僚も不安にさせてしまいます。

本当のことであっても、マイナスなことはあまり話さないようにしましょう。

何も話さない

「趣味は特にありません」など自分を明らかにしないのは印象がよくありません。

せっかく職場の人に自分を知ってもらうチャンスなので、自分に関する情報をきちんと話すようにしましょう。

 

まとめ

今回は、ビジネスの場面における自己紹介の仕方やポイントを紹介しました。挨拶や名前の他に、趣味など自分の伝えたいことを大きな声でハッキリと話しましょう。

緊張していても笑顔を心がけることで、周りの人にも良い印象を与えられます。また、本当のことであってもマイナスなことは話さない方が良いでしょう。話のきっかけとなるように、自分の情報をきちんと伝えることも大切です。

自己紹介で自分のことをしっかり知ってもらい、良い人間関係を築いていきましょう。

 

また、当メディアを運営している(株)キラメックスでは、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではエンジニア転職保証コースを提供しています。

プログラミング未経験の方でも12週間で東京のIT企業へエンジニアとして転職を目指せるコースです。

現役エンジニアとキャリアカウンセラーによる学習と転職のサポートを受けることができます。