【例文あり】ビジネスで役立つ、得意先への暑中見舞いの書き方

暑中見舞いは、普段あまり会えない親類や仕事の上でお付き合いのある方など、お世話になっている方へ送る季節の挨拶状です。年賀状よりもプライベートな意味合いが強く気軽に書けるものではありますが、社会人として最低限わきまえておきたいマナーはあります。受け取った相手に喜んでもらえるように暑中見舞いを書くときのポイントを押さえておいてください。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

あなたの職場では、夏頃になると取引先に暑中見舞いを出さないと、という話は聞きますでしょうか?

得意先とは良好な関係を築くことがビジネスでは重要なので、こういった季節柄のあいさつは必要不可欠です。なので絶対に失礼な内容を送ってはいけません。

そこで今回は、正しい暑中見舞いの書き方を例文をもとに解説していきます。

 

※なお本記事は、TechAcademyのエンジニア転職保証コースのキャリアカウンセリング内容をもとに紹介しています。

暑中見舞いを出す時期


暑中見舞いは季節の挨拶状ですから、送るのにふさわしい時期があります。暑中見舞いを送るべきか、それとも残暑見舞いとするべきかは「立秋(8月7日前後)」が境目になるとされています。

暑中見舞いは立秋の前日までに先方の手元に届くように送るのがマナーです。

 

暑中見舞いの基本構成

暑中見舞いには厳密に定められた形式はありませんが、基本的に次の4つの要素から構成されます。

  1. お見舞いの挨拶
  2. 時候の挨拶と主文
  3. 結びの挨拶
  4. 日付

入れて締めます。

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング

書き方の例


暑中見舞いを構成する4つの要素のそれぞれについて解説します。

最初のお見舞いの挨拶では、例えば「暑中お見舞い申し上げます」などとして、ここでの最後の句点(。)は不要とするのが一般的。

続く時候の挨拶では「年々暑さが増し」などのようにその時々の季節感を記してから「いかがお過ごしでしょうか」などと相手の健康を気遣うとともに、日ごろのお付き合いや配慮に対するお礼やお詫びの言葉などを述べます。

3番目の結びの挨拶では、ビジネスシーンでの暑中見舞いでは夏季休業のお知らせなどを織り交ぜつつ挨拶とし、最後に日付(何月何日などの具体的な日付ではなく、年数に続いて「盛夏」と書きます)を記します。

 

書き方のNG例

暑中見舞いには厳密な決まりごとはあまりありません。しかし、「この暑さですっかり体調を崩してしまい」などのような、受け取った相手が心配してしまうようなネガティブな表現は控えるべきです。

その他、ありがちな失敗として「お体ご自愛ください」といった表現があります。ご自愛という言葉の中にすでに「体を大切にする」という意味が含まれており、「体」という言葉が重複してしまうため正確な表現ではありません。

 

暑中見舞いテンプレート

以下に暑中見舞いの例文を紹介します。

暑中お見舞い申し上げます
平素は格別のお引き立てを給わり厚く御礼申し上げます。
酷暑の折柄、貴社ご一同様のご健勝をお祈りいたします。
甚だ勝手ではございますが、弊社では下記期間を夏期休業とさせていただきます。
何卒ご了承の上、今後ともよろしくお願い申し上げます。
記 休業期間 八月十二日~十六日
令和元年 盛夏

 

まとめ

暑中見舞いには堅苦しい決まった形式があまりなく、年賀状などと比べると工夫を凝らす余地があり、気軽に書ける挨拶状です。夏季休業などの業務連絡を行いつつ、暑さの厳しい時期に取引先関係者へのちょっとした気づかいが示せれば好印象です。

夏らしい暑中見舞い用の絵はがきを使ってみるのもおすすめ。見た目にも涼しげな写真やイラストが描かれていると、少しの間だけでも暑さを忘れられて、心配りをいっそう喜んでもらえるでしょう。

 

また、当メディアを運営している(株)キラメックスでは、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではエンジニア転職保証コースを提供しています。

プログラミング未経験の方でも12週間で東京のIT企業へエンジニアとして転職を目指せるコースです。

現役エンジニアとキャリアカウンセラーによる学習と転職のサポートを受けることができます。