社会人の基礎知識:収入印紙の種類と役割・取り扱い方法について解説

収入印紙という言葉はビジネス上で耳にする機会も多いです。しかし、契約に関連する部署に配属されていない場合、意味をしっかりと理解できていないかもしれません。領収書の発行や契約ごとにおいて、金額によっては収入印紙が必要です。きちんと収入印紙の取り扱いを理解していない場合、脱税行為にあたる可能性があります。この記事では収入印紙の概要、使い方や種類について解説します。しっかりと収入印紙についての知識を得て、今後の業務に活かしていきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

仕事を始めるとよく耳にするのが収入印紙という言葉。

しかし実際には経理や総務の人が処理をしているので、あまりよくわかっていないという方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は収入印紙とは?から種類まで紹介していきます。

 

※なお本記事は、TechAcademyのエンジニア転職保証コースのキャリアカウンセリング内容をもとに紹介しています。

収入印紙とは


収入印紙とは課税文書に貼り付ける必要のある印紙で、郵便局や法務局、コンビニでの購入が可能。収入印紙は金額によっては印紙が必要なので注意しましょう。

この印紙を貼り付けることで、税金を納める役割を持っています。そして、国税庁の定める印紙税額一覧表に詳細が規定され、その一覧に沿って収入印紙を貼り付けます。

 

収入印紙の使い方

収入印紙を貼る機会が最も多いのは、領収書でしょう。

領収金額が5万円以上のものは、売り上げ金額に応じた収入印紙を貼り付ける必要があります。

領収書に印紙を貼り付け、再利用防止のために割印を捺印することが必須。

金額に応じて選択することが必要です。

領収書の場合、下記のように使用します。

  • 5万円未満:非課税
  • 5万円以上100万円以下:200円
  • 100万円以上200万円以下:400円

さらに金額に応じて印紙の金額が上がり、最高で10万円までの収入印紙を使用します。

 

[PR] IT企業を目指すための無料キャリアカウンセリング

収入印紙の種類


収入印紙の種類は31種類あります。

金額は1円から10万円までとなり、下記のように分類されています。

  • 1円
  • 2円
  • 5円
  • 10円
  • 20円
  • 30円
  • 40円
  • 50円
  • 60円
  • 80円
  • 100円
  • 120円
  • 200円
  • 300円
  • 400円
  • 500円
  • 600円
  • 1,000円
  • 2,000円
  • 3,000円
  • 4,000円
  • 5,000円
  • 6,000円
  • 8,000円
  • 10,000円
  • 20,000円
  • 30,000円
  • 40,000円
  • 50,000円
  • 60,000円
  • 100,000円

金額に応じて、上記の収入印紙の中から適切な金額を選択しましょう。

 

まとめ

収入印紙の内容、種類について概要を説明しました。

特に領収書発行の場合、収入印紙が必要になるケースが多くありますので、ビジネス上の基礎知識として理解しておきましょう。

収入印紙を貼り忘れると、脱税になるというのも大事な要素。一社会人として覚えておきましょう。

収入印紙の使い方に迷った場合は、国税庁の定めている規約を確認して誤った金額を貼り付けないように気をつけることが重要です。

今回得た知識を使って、自分が対応できる業務の幅を広げましょう。

 

 

また、当メディアを運営している(株)キラメックスでは、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではエンジニア転職保証コースを提供しています。

プログラミング未経験の方でも12週間で東京のIT企業へエンジニアとして転職を目指せるコースです。

現役エンジニアとキャリアカウンセラーによる学習と転職のサポートを受けることができます。