マナーの基本!上座と下座とは?着席順の決まりや振る舞い方について覚えよう

日本の場合、一般的なマナーのひとつとして挙げられる上座と下座。よく聞く言葉であっても、実際にどのようなルールがあるのか曖昧な人も多いでしょう。この記事では、上座や下座の解説から席次の順序の決め方、さらには場面別における基本的なルールについて解説します。ぜひ参考にして、上座と下座をマスターしておきましょう。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

仕事を始め最初の方に教わるビジネスマナーとして、席の座り位置に関するマナーを教わるはずです。いわゆる上座下座です。

これは様々な場面で現れます。会食はもちろんエレベーターやタクシーもそうです。間違えるとビジネスマナーがなっていないやつだと見られてしまいます。

なので今回は上座下座について学んで行きましょう。

 

上座・下座とは


そもそも上座と下座が何を意味しているか疑問に思う人もいるはず。上座とは、その場所において最も安全に過ごせる場所のこと。一方下座は、お客様を迎える場所を指しています。

料亭などの和室やレストランの洋室はもちろんのこと、会議室やタクシーなど、さまざまな場面で上座と下座が用いられています。

 

席次の順序の決め方

上座には、基本的に役職や年齢、立場が上の人が座ります。たとえば同じ会社の人の場合、上司が上座で部下が下座に座ることに。一方お客様と会食をするときは、お客様が上座に座り、社員が下座に座ります。

上座や下座をしっかり考慮することで、役職や年齢などに対する相手への敬意を示していると考えてください。

 

[PR] IT企業を目指すための無料カウンセリング

上座・下座の基本


上座と下座は、実は場所によってルールが異なります。どの場所も同じ席順だと思っていると、あとで恥ずかしい思いをする可能性も。ここでは、和室や洋室など、場所別における上座・下座の基本について解説します。

 

和室と洋室

<和室の場合>

和室では床の間の前が上座の位置にあたり、入り口に近い場所が下座になります。もし床の間がないような場所であれば、入り口から最も遠い場所が上座に。

ちなみに床の間向かって右側に位置している「本勝手」の場合、床の間の前にして右側から順番に役職の高い人が座ります。

一方床の間向かって左側に位置している「逆勝手」の場合、左から順に座るので注意してください。

<洋室>

レストランなどの洋室の場合、上座は入り口から最も遠い席に。ちなみに大きな窓があって景色が眺めるような場所であれば、入り口に近い場所であっても、景色がよく見える場所が上座になります。

 

その他

他にも和室や洋室以外に、上座や下座が存在する場所があります。

<会議室>

会議室では、基本的に入り口から遠い場所になればなるほど上座に。議長がいる場合は、議長が上座にあたり、役職の高い人から議長に近い席に座ります。

<車>

会社の同僚などとタクシーに乗るケースもあるでしょう。タクシーの場合、運転手の後ろの席が上座にあたります。下座は助手席で、道案内や支払いをすることもしばしば。ちなみに目上の人が運転をする自家用車の場合は、助手席が上座で後ろの真ん中の席が下座にあたります。

 

まとめ

ここまで、上座や下座の解説から席次の順序の決め方、さらには場所別における上座と下座の基本について解説しました。

上座と下座を間違えると、場合によっては先輩や上司を怒らせてしまう可能性も。しっかりと上座と下座の基本的なことをおさえておくことで、接待や職場の飲み会といった場所でも自信を持って行動できるはず。

さらに和室や洋室、会議室など、場所によっても上座や下座の場所は異なります。ぜひこの記事を参考にして、さまざまな場面に活かしてみてください。

 

 

また、当メディアを運営している(株)キラメックスでは、オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではエンジニア転職保証コースを提供しています。

プログラミング未経験の方でも12週間で東京のIT企業へエンジニアとして転職を目指せるコースです。

現役エンジニアとキャリアカウンセラーによる学習と転職のサポートを受けることができます。