chromeのJavaScriptコンソール画面の使い方を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにchromeのJavaScriptコンソール画面の使い方について解説しています。JavaScriptのコンソール画面では、エラーがあればエラーの行数などを表示してくれます。他にもモバイル端末ごとの表示など便利な機能があります。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

chromeのJavaScriptコンソール画面の使い方について解説します。実際のコードをもとに解説していきますので、理解を深めていきましょう。

また、入門向けのJavaSriptを学習できるサイトも紹介しているので、合わせてご覧ください。

 

なお本記事は、オンラインブートキャンプ フロントエンドコース(JavaScript・jQuery講座)の内容をもとにしています。

 

 

田島悠介

今回は、JavaScriptに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

chromeのJavaScriptコンソール画面の使い方について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

chromeのコンソール画面とは

chromeのコンソール画面(デベロッパーツール)はウェブサイトの様々な情報を閲覧する・編集するなどの検証ができる画面です。

この機能を使うことで、

  • 自作したウェブサイトのデザイン、コードチェック
  • 他のウェブサイトの機能チェック
  • PC、タブレット、スマートフォンごとの画面チェック

などが行なえます。

コンソール画面の見方

まずは、コンソール画面を表示してみます。コンソール画面を表示する方法は3通りあります。

 

パターン1、右クリックのコンテキストメニューから表示

  1. chromeの画面上を右クリック
  2. コンテキストメニューの最下部にある「検証」をクリックして表示

 

パターン2、クロームのメニューから表示

  1. chrome画面の右上にある縦の3点リーダー「︙」をクリック
  2. 「その他のツール」にカーソルを合わせる
  3. カーソルから左側にでてくる追加メニューの最下部にある「デベロッパーツール」をクリックして表示

 

パターン3、ショートカットキーで表示

①「F12」キーを押すことでコンソール画面を表示できます。コンソール画面が表示できたら、JavaScriptのソースコードを確認してみましょう。

 

JavaScriptソースコードを確認する

現在表示している画面に適用されているJavaScriptを確認するためには「Sources」タブを使用します。タブを切り替えたら、画面左側に読み込まれたJavaScriptやCSSのファイルツリーが表示されています。

その中から確認したいJavaScriptを記述したファイルを選択することで画面中央にファイル内のソースコードが表示されます。

[PR] JavaScript・jQueryで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

コンソール画面でJavaScriptのソースを編集して画面に反映させることができます。ただし、画面を再読込した場合は編集した内容は破棄されます。

ファイルツリーから選択したソースファイルを画面中央に表示したら通常のエディタのように、編集したい箇所をクリックし削除・記述をすることで画面に即時反映されます。

エラーが発生した場合は「Console」タブにエラー行やエラー箇所が表示されます。編集したソースファイルを保存したい場合は、右クリックのコンテキストメニューから「Save as」をクリックして保存することができます。

筆者プロフィール

この記事を監修してくれた方

水野大輝(みずのたいき)

2014年より、某物流会社のシステム開発担当として入社

未経験ながら、社内システム保守~新規受注システム開発まで携わり、JavaScript Ruby on Rails PostgreSQLなどの経験を積む。
現在も、開発案件に携わりながら、日々勉強中。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

 

また、TechAcademyではJavaScriptを使ってWebサービスを公開できるオンラインブートキャンプ フロントエンドコース(JavaScript・jQuery講座)を開催しています。

プログラミングの初心者でも受講可能です。Webサイトの表現の幅を広げたいという方はぜひご覧ください。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。