Pythonで処理を定期実行する方法を現役エンジニアが解説【初心者向け】

初心者向けにPythonで処理を定期実行する方法について解説しています。プログラムを定期実行するには、OSの機能を利用したcronやプログラミングを実行させ続けて特定の条件になると処理を実行するような方法があります。

TechAcademyマガジンはオンラインのプログラミングスクールTechAcademy [テックアカデミー]が運営する教育×テクノロジーのWebメディアです。初心者でもすぐ勉強できる記事が2,000以上あります。

Pythonで処理を定期実行する方法について解説します。

Pythonについてそもそもよく分からないという方は、Pythonとは何なのか解説した記事をまずご覧ください。

 

なお本記事は、TechAcademyのPythonオンライン講座の内容をもとにしています。

 

田島悠介

今回は、Pythonに関する内容だね!

大石ゆかり

どういう内容でしょうか?

田島悠介

処理を定期実行する方法について詳しく説明していくね!

大石ゆかり

お願いします!

 

cronによる定期実行の方法

UNIX/Linux系のコンピュータではcronによりプログラムを定期的に実行できます。

たとえば、毎日10:20に「script.py」に記述されてい処理を実行するには、以下のように登録します。

 

20 10 * * * /usr/bin/python /path/to/script.py

 

cronでは左5列で実行タイミングを指定します。
左から順に分、時、日、月、曜日に割り当てられます。

上の例では日、月、曜日に*(ワイルドカード)を指定しているので、「毎日」の意味になります。

 

scheduleモジュールによる定期実行の方法

scheduleは、定期処理の自動実行をサポートするモジュールです。

scheduleを使うと、あらかじめ決めた間隔やタイミングで、任意の処理を実行できます。人間にわかりやすい書式を意識しているのが特徴です。

 

インストール方法

pipコマンドを用いてインストールするのが簡単です。

 

pip install schedule

 

[PR] Pythonで挫折しない学習方法を動画で公開中

実際に書いてみよう

サンプルコード

import datetime
import time
import schedule

def job():
    print(datetime.datetime.now())

schedule.every(2).minutes.do(job)

while True:
    schedule.run_pending()
    time.sleep(1)

 

実行結果

2019-04-13 14:30:57.250117
2019-04-13 14:32:57.709351
2019-04-13 14:34:58.146210
(以下略)

 

解説

まず、job関数を定義します。この関数内で定義した処理を定期的に実行します。

今回は、現在時刻を表示するだけの簡易な処理です。
schedule.every…で2分間隔の定期実行を登録しました。

無限ループ内のschedule.run_pending関数を呼び出すと、(実行タイミングであれば)処理が自動実行されます。

ただの無限ループでは無駄がある(1秒間に何度も実行タイミングかチェックする)ため、time.sleepで1秒間のスリープを挿入しました。

 

監修してくれたメンター

橋本紘希

システムインテグレータ企業勤務のシステムエンジニア。

開発実績: Javaプログラムを用いた業務用Webアプリケーションや、基幹システム用バッチアプリケーションなどの設計構築試験。

 

大石ゆかり

内容分かりやすくて良かったです!

田島悠介

ゆかりちゃんも分からないことがあったら質問してね!

大石ゆかり

分かりました。ありがとうございます!

オンラインのプログラミングスクールTechAcademyではPythonを使って機械学習の基礎を学ぶPythonオンライン講座を開催しています。

初心者向けの書籍を使って人工知能(AI)や機械学習について学ぶことができます。

現役エンジニアがパーソナルメンターとして受講生に1人ずつつき、マンツーマンのメンタリングで学習をサポートし、最短4週間で習得することが可能です。

また、現役エンジニアから学べる無料のプログラミング体験会も実施しているので、ぜひ参加してみてください。